小倉で働く次長さんの後楽のおはなし


四十にして惑わず。



四十にして惑わず、いわゆる、不惑の

内容を確認しようと調べてみた。

やはり、論語の言葉は重いね~。

 

子曰、吾十有五而志於学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而従心所欲、不踰矩*1。

子曰(のたまわ)く、
吾れ十有五(じゅうゆうご)にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順(したが)う。
七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)を踰(こ)えず。

十五歳=志学(しがく)
三十歳=而立(じりつ)
四十歳=不惑(ふわく)
五十歳=??
六十歳=耳順(じじゅん)
七十歳=従心(じゅうしん)

 

 





TOPPAGE  TOP