節分の日が2月3日で固定されていない?‥豆を撒く理由とは

なみ

そもそも、節分とは本来、四季を分ける節目のこと

なので、1年に4回ほどあったのですが、
この4回の節分のうち、春の始まりを表す
立春の前日の節分のみを節分と呼ぶようになり
豆まきをしたり、恵方(えほう)巻きを食べたりと
私たちには特になじみが深い日となっています。

で、立春はここしばらく2月4日だったけど、
2021年は1日早まったため、節分が2月2日に
なりました。

えっ!そんなことあるの?、となりますよね

これは、地球の公転周期が1年きっかりでないことが原因なのですが‥そもそも、節分の日がずれるのは、どんな理由からなのでしょうか。

ここでは、その理由について紹介いたします。

「1年=365日と思っている人も多いと思いますが、地球が太陽を回る運動=季節のめぐりこそが、真の1年です。1太陽年(地球が太陽を1周する時間)は暦の1年ではなく、およそ365.2422日=365日+6時間弱なのです」(国立天文台暦計算室)

どんどんずれると、1月になることもある




2021年の節分は2月3日ではなく、2月2日だった、その理由は‥

2021年の節分は2月2日でした。1984年に節分が2月4日だったのち、ずっと、2月3日で固定されていたので、皆さん、節分は2月3日が当たり前だと思っていたのでしょう、私もですが‥

2021年の節分は2月3日ではなく、1897(明治30)年以来124年ぶりに2月2日になります。立春はここしばらく2月4日だったけど、今年は1日早まるため、節分も2月2日になるのです。

引用:朝日新聞デジタル2021年2月1日

地球の公転周期はおよそ365.2422日‥実は365日でないので‥

「1年=365日と思っている人も多いと思いますが、地球が太陽を回る運動=季節のめぐりこそが、真の1年です。1太陽年(地球が太陽を1周する時間)は暦の1年ではなく、およそ365.2422日=365日+6時間弱なのです」(国立天文台暦計算室)

なので、1年間に6時間程度多くなっている、よって、4年も経つと、4×6時間=24時間となって、1日程度余分になります。だから、4年に一度、この時間差を修正するために、うるう年が設定されているのです。1日増えた分を2月の最終日に追加することで(通常、28日までのところ、29日に設定する)修正するわけです。

「このため、立春点の通過時刻も変動します。つまり、1年ごとでは1太陽年365.2422日と1年365日の差(約6時間)ずつ遅くなる一方、うるう年には4年前より少し早くなる、というパターンです。

この流れによって、しばらく2月4日の中に納まっていた立春が2021年には2月3日へ移り、その前日である節分も連動して2月2日へ移ったというわけです」(国立天文台暦計算室)

節分と豆まき 由来や意味について

地方や神社などによって異なっていますが、節分の日の風習として、「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けや、玄関などに邪気除けの柊鰯(ひいらぎいわし)などを飾ります。
※柊鰯(ひいらぎいわし)は、節分に魔除けとして使われる、柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したもの

なぜ豆まきを行うのか、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていて、それを追い払うための悪霊ばらい行事だったのです。宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていました。

これは、平安時代頃から行われている「追儺」から生まれ、中国から伝わったこの行事は日本に定着していき、現在の節分の元となっています。

『続日本紀』慶雲三年十二月の条によると706年にこの追儺が始まり、これが室町時代に使用されていた「桃の枝rい」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となって行きました。

近代、上記の宮中行事が庶民に採り入れられたころから、当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、寺社で豆撒きをしたりするようになりました。

まとめと関連情報

節分の日が、2月3日で固定されていなのは、公転周期が1年きっかりでないことが原因だったのです。

⇒ 節分の日が2月3日で固定されていない?‥豆を撒く理由とは
⇒ 「一月一日」の歌詞と読み方
⇒ 大寒の候の読み方と意味(時期)と挨拶の例文など
⇒ これが簡単!七福神のユニークな覚え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA