メニュー

便秘薬の種類と選び方

便秘薬にはたくさんの種類があります。
なので、自分に合った便秘薬を見つけることが重要です。
便秘の種類や体調によって合わない成分もありますので、
自分に合う便秘薬や成分を見つけることが大切です。
まずは、便秘薬にどのような成分が含まれているのかを確認する必要があります。

便秘薬に配合されている主な成分と特徴

エスエス製薬さんのHPに詳しく解説されています。
成分の下に、腸を動かすしくみを解説しています。

⇒刺激性成分
・ビサコジル、センナ、ピコスルファート、アロエなど
・腸粘膜や神経を刺激し、鈍った腸のぜん動運動などを亢進させ、
 優れた排出効果を発揮します。
⇒浸潤性成分
・腸内へ水分を引きよせて便をやわらかくし、界面活性成分が便を包んで
・滑りやすくします。一般用医薬品の便秘薬では、刺激性成分と合わせて
 配合されている成分もあります。
⇒膨潤性成分 
・プランタゴ・オバタ種皮などの食物繊維など
 腸内で水分を吸収し便を膨張させやわらかくするとともに、
 便の容量を増やすことにより、ぜん動運動を亢進させます。
⇒漢方成分
・大黄甘草湯、麻子仁丸など
 腸粘膜や神経を刺激し、腸のぜん動運動などを亢進させ、排出効果を発揮します。
⇒塩類成分
・酸化マグネシウム、水酸化マグネシウムなど
・腸内へ水分を集めて便をやわらかくして膨らませることにより、排出します。


弛緩性便秘や直腸性便秘には、鈍った腸を刺激して排出を促す
「刺激性成分」の便秘薬や、硬い便をやわらかくする「膨潤性成分」の
便秘薬などがおすすめです。
緊張・痙攣を起こしている状態の痙攣性便秘には非刺激性の「塩類成分」がおすすめです。

⇒ 便秘薬の種類と選び方

TOP

加齢に伴う便秘の悩みは便秘薬で解消!

便秘って、若い女性に多いと思われがちですが、
実は、加齢とともに便秘に悩まされるようになることも多いようです。

これは、大腸の筋肉の衰えとともに、ぜん動運動が弱くなるために
便が大腸に長く留まってしまい、水分がどんどん吸収され便が硬くなって
しまうことが原因としてあげられます。

また、歯が弱くなり柔らかく消化の良い食事を好むようになるために、
便の量を増やす食物繊維が不足し便の量が減ったり、水を飲む量が減ることで
便が硬くなることも要因となります。

食事の量そのものが減ることも原因と言えるかもしれません。

そこで、

規則正しい生活を心がけていても便秘が改善されない場合は、
補助的に便秘薬を使うのも1つの方法。
生薬や植物せんいの働きで、自然に近いお通じをうながすタイプのものを、
まずはお試し下さい。

いろいろな種類の便秘薬が市販されていますが、
おすすめの便秘薬を紹介したいと思います。

おすすめの便秘薬:コーラック(大正製薬)

まずは、コーラックII

便秘を解消するためのいろいろな成分が含有されていますが、
注目される成分は、<ビサコジル>と
<DSS (ジオクチルソジウムスルホサクシネート)>

<ビサコジル>について
消化管の検査や手術で、腸の内容物を出さなければならない時にも
使用される成分です。大腸を直接刺激して、低下している
腸のぜん動運動を活発にします。

<DSS (ジオクチルソジウムスルホサクシネート)>について
界面活性作用がある成分です。
硬くなった便に水分を浸透させて、やわらかくする効果があります
(ウォータリング効果)。

おすすめの便秘薬:Q&A

Q.お茶や牛乳と一緒に飲んではダメですか?

A. お茶や牛乳、コーヒーではなく、水またはぬるま湯で飲みましょう。
便秘の解消には水分をとることが有効です。なるべく多くの水を飲むことを
おすすめします。なおコーラックファースト、コーラックⅡ、コーラックに
ついては5層コートがpHでコントロールされていますので、牛乳や制酸剤
(胃腸薬等に配合されています)等と一緒に飲むと腸まで届かず早くとけて
しまうことがありますので、1時間以上の間をあけて飲んでください。


 



関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 腸年齢を調べる方法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/403

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0