冬景色の歌詞(童謡)

Pocket

なみ

さぎり きゆる みなとえの
ふねに しろし あさのしも
ただ みずとりの こえはして
いまださめず きしのいえ




冬景色の歌詞(童謡)

冬景色の歌詞(童謡)・ひらがな

冬景色(ふゆげしき)

作詞・作曲者は「不詳」

1 さぎり きゆる みなとえの
ふねに しろし あさのしも
ただ みずとりの こえはして
いまださめず きしのいえ

2 からす なきて きにたかく
ひとは はたに むぎをふむ
げに こはるびの のどけしや
かえりざきの はなもみゆ

3 あらし ふきて くもはおち
しぐれ ふりて ひはくれぬ
もし ともしびの もれこずは
それとわかじ のべのさと

冬景色の歌詞(童謡)・漢字とひららがな

一、さ霧(さぎり)消ゆる(きゆる)湊江(みなとえ)の
舟(ふね)に白し(しろし)朝の霜(しも)
ただ水鳥(みずどり)の声はして
いまだ覚めず(さめず)岸の家

二、烏(からす)啼きて(なきて)木に高く
人(ひと)は畑(はた)に麦を踏む(ふむ)
げに小春日(こはるび)ののどけしや
かえり咲(かえりざき)の花も見ゆ

三、嵐吹きて雲は落ち
時雨(しぐれ)降りて(ふりて)日は暮れぬ
若し(もし)燈火(ともしび)の漏れ来ずば(もれこずば)
それと分かじ(わかじ)野辺(のべ)の里

大正2年5月の「尋常唱歌(五)」に掲載されているそうです
不思議と、ときどき、思い出す歌です。
今でも、主旋律と副旋律(?)の両方を歌うことがきでます。
その練習風景もなんとなく思い浮かぶような‥




冬景色の歌(唱歌)・動画

冬景色(ふゆげしき)

作詞・作曲者は「不詳」

1 さぎり きゆる みなとえの
ふねに しろし あさのしも
ただ みずとりの こえはして
いまださめず きしのいえ

2 からす なきて きにたかく
ひとは はたに むぎをふむ
げに こはるびの のどけしや
かえりざきの はなもみゆ

⇒ ふるさと(故郷)の歌詞
⇒ 茶摘み 歌詞
⇒ 夏の思い出 歌詞
⇒ 朧月夜 歌詞
⇒ 赤とんぼの歌詞
⇒ 夕やけこやけの歌詞
⇒ 冬景色(ふゆげしき)歌詞
⇒ 日本の歌百選とは

冬景色 写真 北海道‥

京都の宇治新茶:ことわざ「初物を食べると‥

京都の宇治茶の老舗が贈る宇治新茶2018。

ことわざ「初物を食べると75日長生きする」にちなみ、
贈り物にもお使いください。

伊藤久右衛門は京都・宇治のお茶屋です

伊藤久右衛門は高級茶で名高い
京都宇治に店舗を構えており、
近くには世界文化遺産の宇治上神社や、
花の寺で有名な三室戸寺がございます。

当店のお茶は多くの有名社寺に御用達頂いております。
これからも時を重ねて育まれた宇治茶ならではの豊かな香味と、
それを支える職人の手技を平安よりつながる雅な文化とともに、
次の世代に伝えてまいりたいと思います。

八十八夜と茶摘みの時期・体験

茶摘み(文部省唱歌)

夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは

さて、茶摘みの中には、八十八夜という言葉がありますが、
八十八夜とは、??

八十八夜は、立春から数えて88日目のことで,
現在の暦では5月2日頃にあたります。

八十八夜を過ぎればもはや晩霜も終りになるので,
農家ではこれを種まきや茶摘み,その他の
農作業開始の基準としています。

なので、茶摘みの時期といえば、5月初旬ごろになります。

お茶の名産地である京都や静岡では
生産地ならではの体験が楽しめます。
美しい茶畑を歩き、茶摘みをし、品種茶を飲み比べて
茶文化をトータルで体験できます。

立春(りっしゅん)とは

二十四節気の一つで、例年ですと2月4日ごろになります。
冬が極まり春の気配が立ち始める日で、
『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されています。
冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する
場合は、この日から立夏の前日までが春となります。
また、立春は八十八夜・二百十日・二百二十日など、
雑節の起算日(第1日目)となっています。

■立春日の日付

2018年 2月3日
2019年 2月4日
2020年 2月4日
2021年 2月3日
2022年 2月3日
2023年 2月4日
2024年 2月4日
2025年 2月3日

茶摘みの無料イラスト・写真

夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは
茶摘ぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠

chatumi.jpg

関連リンク

  • 今日の日はさようなら 歌詞
  • ふるさと(故郷)の歌詞
  • 茶摘み 歌詞
  • 夏の思い出 歌詞
  • 童謡「こいのぼり」の歌詞
  • 冬景色(ふゆげしき)歌詞
  • 母の日に贈りたい花言葉
  • 愛らしい猫 写真集
  • エルメスバーキン35cm。黒が好き!!
  • ユーミン(松任谷由実)の魅力とは
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です