一茶が見た元旦の浅黄空の色と浅葱色の違いとは??

Pocket

なみ

浅黄色と浅葱色の違いとは??

江戸時代後期の俳人として
有名な小林一茶の正月の俳句として
次の一句をみつけた。

「元日や上々吉の浅黄空」

※江戸時代後期(1750年~1850年)
※江戸時代を代表する俳諧師:松尾芭蕉、与謝蕪村

浅黄空は、「あさぎぞら」と読むのだが、
一体、どんな色なのか疑問に感じ、調べてみた。

なみ

読んで字のごとくではないが、

浅黄色(あさぎいろ、あさきいろ)は、
色のひとつで薄い黄色であり、
浅葱色(薄い青緑色)とは別の色だとか‥

ただし、

浅葱色のことを「浅黄」と表記することもあるとか‥

で、

なにを疑問に感じたかというと、

なぜ、一茶は、浅黄空と詠んだのか?

空の色は薄い黄色だったのか?

正月の空は、薄い黄色なのか?

という疑問。

でも、

浅葱色のことを「浅黄」と表記することもあるのであれば

薄い青緑色だったのでは??

余談だが、

浅葱色は、新選組が羽織等で使用したことで有名で、

武士の死装束の色(碧血の故事ににちなむ)が本義らしい‥

正月にはそぐわないと思うが‥

ちなみに、

小林 一茶は、宝暦13年5月5日(1763年6月15日)の生まれで
文政10年11月19日(1828年1月5日))に亡くなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です