花火(童謡)♪歌詞

Pocket

なみ

夏といえば、花火大会。
花火大会といえば、花火(童謡)♪
この花火(童謡)♪を作曲した下總 皖一さんが生涯手がけた
曲数は、総作曲数は1000曲以上に上るとか。

花火という名の曲はけっこう多くて

花火(童謡)♪のほかに、
aikoさんの花火♪、ミスチルの花火♪
花火♪歌詞 三代目などなど‥

ちなみに、

日本三大花火大会といえば、

1.「全国花火競技大会 大曲の花火」(秋田)
2.「土浦全国花火競技大会」(茨城)
3.「長岡まつり大花火大会」(新潟)




花火(童謡)♪歌詞

夏といえば、花火大会。
花火大会といえば、花火(童謡)♪
この花火(童謡)♪を作曲した下總 皖一さんが生涯手がけた
曲数は、総作曲数は1000曲以上に上るとか。

花火(童謡)♪歌詞

作詞 井上赳
作曲 下総皖一
唄 童謡

ドンとなった花火だ きれいだな
空いっぱいに ひろがった
しだれやなぎが ひろがった

ドンとなったなんびゃく 赤いほし
いちどにかわって あおいほし
もいちどかわって きんのほし

ドンとなった花火だ きれいだな
空いっぱいに ひろがった
しだれやなぎが ひろがった

ドンとなったなんびゃく 赤いほし
いちどにかわって あおいほし
もいちどかわって きんのほし

花火(童謡)を作曲した下総皖一さんとは

下總 皖一(しもふさ かんいち1898年3月31日 – 1962年7月8日)さん。

作曲家・音楽教育者。
埼玉県北埼玉郡原道村砂原(現・加須市)生まれ。
本名:下總覺三。1920年東京音楽学校(現東京芸術大学)で
作曲を信時潔に師事し首席で卒業。

後ドイツのベルリン芸術大学でパウル・ヒンデミットにも
師事して、後に芸大では癖のついた対位法で有名な
ブラームス=ヒンデミット系のドイツ音楽語法の
先駆者となった。1934年同校助教授。
1940年文部省教科書編集委員。1942年同校教授、
1956年東京芸術大学音楽学部長。

門下に芸大で團伊玖磨、佐藤眞、芥川也寸志、
松本民之助、山岸磨夫、プライベートで須田くにおらがいる。
童謡・文部省唱歌を多く作曲した。

また多くの小学校・中学校・高等学校の校歌の作曲も
手がけており、総作曲数は1000曲以上に上るとか。

花火(童謡)♪歌(Youtube)

日本三大花火大会とは?

ご存知ですか?? 日本三大花火大会と呼ばれているのは、

1.「全国花火競技大会 大曲の花火」(秋田)
2.「土浦全国花火競技大会」(茨城)
3.「長岡まつり大花火大会」(新潟)

■「大曲の花火」(秋田)開催概要

「大曲の花火」(秋田)開催概要はこちらです。

日 時:2018年5月12日(土)19:00 〜 20:20
開 場:16:00
会 場:全国花火競技大会開催会場 大仙市大曲雄物川河畔
主 催:全国花火競技大会実行委員会(「大曲の花火-春の章-」実行委員会)

テーマ:「世界の花火 日本の花火」

1.オープニング花火
2.Hanabiコレクション
3.日本の花火
4.大玉割物競演-第1部-
5.地元花火師による創造花火競演
6.大玉割物競演-第2部-
7.世界の花火
8.フィナーレ花火

※打上発数8,000発、花火内容は企画都合により変更となる場合があります。
※雨天決行

花火大会 浴衣レンタル&着付け

夏祭り、花火大会、盆踊り‥。
夏のイベントに浴衣を着て、いつもと違う自分を
楽しみたいあなたへ。レンタル浴衣なら、小物も全て
そろっているので、注文して届いた浴衣を着るだけ。

最近は、なんでもレンタル。
必要なものはレンタルで揃えて、着付けまで。
便利な世の中になりました。

素 材 【浴衣セットレンタル】
〔表地・裏地〕:綿100%
サイズ 女性用浴衣:身長155cm~165cm
備 考 下駄:フリーサイズ
セット内容 【女性用浴衣セット】
浴衣、半幅帯、下駄、腰紐2本、前板1枚、伊達締め1本

こちらは、ゆかたレンタル(男物浴衣セット)

帯はマジックテープで固定し簡単に結べるタイプです。
普通の角帯に変更も可能。ゆかたは洗えるプレタ浴衣を用いています。
利用期間の延長ご希望の場合は、1日に付き1,000円(税込)で延長可能です。

初めて利用しました

花火大会で着用するため利用させていただきました。
当方、身長163cm、体重52kgですが、Sサイズで端折れば大丈夫でした。
腰紐が少し緩かったので別で用意しました。
匂い袋が同封されていていい匂いでした。

花火♪歌詞 aiko

作曲︰aiko
作詞︰aiko

眠りにつくかつかないかシーツの中の瞬間はいつも
あなたの事 考えてて
夢は夢で目が覚めればひどく悲しいものです
花火は今日もあがらない
胸ん中で何度も誓ってきた言葉がうわっと飛んでく
「1mmだって忘れない」と…
もやがかかった影のある形ないものに全て
あずけることは出来ない

三角の目をした羽ある天使が恋の知らせを聞いて
右腕に止まって目くばせをして
「疲れてるんならやめれば?」

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
こんなに好きなんです 仕方ないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
涙を落として火を消した

そろったつま先くずれた砂山 かじったリンゴの跡に
残るものは思い出のかけら
少しつめたい風が足もとを通る頃は
笑い声たくさんあげたい

三角の耳した羽ある天使は恋のため息聞いて
目を丸くしたあたしを指さし
「一度や二度は転んでみれば」

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
たしかに好きなんです もどれないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
最後の残り火に手をふった

赤や緑の菊の花びら 指さして思う事は
ただ1つだけ そう1つだけど
「疲れてるんならやめれば…」
花火は消えない涙も枯れない

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
こんなに好きなんです 仕方ないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
涙を落として

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
たしかに好きなんです もどれないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
最後の残り火に手をふった

夏の星座にぶらさがって…

Bye Bye Bye…
Bye Bye Bye…

TOP

花火♪歌詞 ミスチル

花火♪歌詞 ミスチル

作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

どれくらいの値打ちがあるだろう?
僕が今生きているこの世界に
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてんのかなぁ

手に入れたものと引き換えにして
切り捨てたいくつもの輝き
いちいち憂いていれるほど
平和な世の中じゃないし

一体どんな理想を描いたらいい?
どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問いかけは
日常に葬られてく

君がいたらなんていうかなぁ
「暗い」と茶化して笑うのかなぁ
その柔らかな笑顔に触れて
僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに

決して捕まえることの出来ない
花火のような光だとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
僕はこの手を伸ばしたい

誰も皆 悲しみを抱いてる
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?

考えすぎで言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振舞う自分は
それ以上に嫌い

笑っていても
泣いて過ごしても平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
何度でも君に逢いたい

めぐり逢えたことでこんなに
世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ

滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら

逢いたくなったときの分まで
寂しくなったときの分まで
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
君を強く焼き付けたい

誰も皆 問題を抱えている
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

口笛♪歌詞 ミスチルはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です