小雪の候の読み方と意味(時期)と挨拶の例文など

小雪の候の読み方と意味(時期)と挨拶の例文など

小雪とは‥読み方や意味

小雪は「しょうせつ」と読みます。で、小雪の意味ですが、二十四節気の一つで20番目、例年ですと11月21日ごろになります。小雪には、期間としての意味もあり、次の節気の大雪前日までが「小雪」の期間となります。

わずかながら雪が降り始めるころで、『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明されています。

二十四節気の中では、私たちに馴染みが深く、かつ重要な夏至・冬至の二至春分・秋分の二分は併せて二至二分(にしにぶん)と呼ばれ、これに四立(しりゅう)の立春・立夏・立秋・立冬を併せて八節(はっせつ)と呼びます。

 

二十四節気とは

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、その名が示すように、日本の1年を24等分し、立春からはじまり大寒で締めくくられる、約15日ごとの季節(期間)です。二十四節気は、そもそも、中国の戦国時代の頃、季節を春夏秋冬の4等区分する暦のようなものとして考案された区分手法のひとつで、一年を12の「節気」と12の「中気」に分類し、それらに季節を表す名前がつけられています。

こちらは、2022年二十四節気一覧(早見表)です。(カシオの計算サイトにて計算。便利です)

七十二候(しちじゅうにこう)とは

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつで、二十四節気をさらに約5日ずつの3つの期間に区分したものです。大寒の初候、七十二候では欸冬華となり、ふきのはなさくと読みます。ちなみに、大寒の中候は、七十二候では水沢腹堅(きわみずこおりつめる)、さらに、大寒の末候は、七十二候では鶏始乳 (にわとりはじめてとやにつく)となります。

小雪の中の七十二候

・初候(第58候):虹蔵不見 にじかくれてみえず(11/22~11/26頃)
・中候(第20候):朔風払葉 きたかぜこのはをはらう(11/27~12/1頃)
・末候(第21候):橘始黄 たちばなはじめてきばむ(12/2~12/6頃)

小雪の候とは(時候の挨拶)

小雪はわずかながら雪が降り始めるころで、『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明されています。この小雪の時期(11月22日頃~12月6日頃)に手紙を出す時は、時候の挨拶として「小雪の候」を使うことができます。 小雪の候は、次の二十四節気「大雪」の前日まで使えます。 「小雪の候」「小雪の折から」「小雪の砌(みぎり)」などが例文となります。

砌(みぎり)とは

砌(みぎり)とは、「水限 (みぎり) 」の意で、雨滴の落ちるきわ、また、そこを限るところの意味です。いつくかの別の意味もありますが、時候の挨拶に使うときの意味としては、「 時節。おり。ころ。」のことで、例文としては、「暑さの砌(みぎり)御身お大事に」「幼少の砌(みぎり)」があります。

小雪の季語を使った俳句

雪を含む季語はとてもたくさんあります。小雪もそうですが、根雪、粉雪、綿雪、牡丹雪、小米雪、細雪、飛雪、大雪、深雪、吹雪などなど‥。趣のある言葉ですね。

   いくたびか雪の深さをたづねけり 正岡子規

 

   鎌倉に小雪ありけり初詣 山口青邨

 

 

まとめと関連情報

小雪は二十四節気の一つで立春から数えて6番目、例年ですと5月5日ごろになります。立夏の候は、次の二十四節気「大雪」の前日まで使え、時候の挨拶として使うことができます。

立夏の候の読み方と意味(時期)と挨拶の例文など
二十四節気一覧+雑節とは‥
七十二候一覧(二十四節気)とは‥
小雪の候の読み方と意味(時期)と挨拶の例文など
大寒の候の読み方と意味(時期)と挨拶の例文など

コメント