マカ 冬虫夏草配合のサントリーのサプリ

マカ 冬虫夏草配合のサントリーのサプリ

話題のマカに中国の貴重な冬虫夏草、トナカイの角、ベニバナ、亜鉛などを
バランスよく配合。男女かかわらず熟年世代の若々しい毎日のために。

今、中高年の毎日の活力源として注目されているのが、
ペルー・アンデスの高地を原産とする、アブラナ科の根菜「マカ」です。

南米ペルーでは、インカ帝国の時代から貴重な食材として珍重されてきました。
マカは、私たちのカラダを構成する大切な成分であるアミノ酸のひとつ、
アルギニンをはじめ、グルコシノレートや各種ミネラル、ビタミンなど
さまざまな栄養成分を含む、非常にすぐれた食材であることがわかっています。

サントリーはマカの品質にこだわり、開発担当者が現地に赴き、
マカの生産現場確認し、契約農家に対して、採取、加工、保管、輸送など
すべての工程について厳しい品質管理を指導しました。

さらに、冬虫夏草のほか、全部で5種の健康素材を組み合わせました。
冬虫夏草は、中国で古くから健康に良いとされて珍重されてきたキノコの一種です。

さらに、北欧で貴重な食材とされるトナカイの角、女性のすこやかさを
サポートするベニバナ、体内のバランス形成や男性機能に
大きな関わりを持つとされる亜鉛も配合。

ぜひご夫婦で『マカ 冬虫夏草配合』をお試しください。

 


☆☆☆ マカの豆知識 ☆☆☆

・マカの栽培
インカ帝国時代から重要な食物として栽培され、強烈な紫外線と酸性土壌、
昼夜の温度差の激しい過酷な自然環境に育つ。土壌の栄養素を
満遍なく吸い取るため、一度マカを栽培した土地は数年間不毛になるといわれる。
種まきの時期は10 - 11月、収穫は1年後の6 - 7月、収穫後は
3か月以上強烈な太陽光線のもと天日乾燥する。

・「アンデスの人参」
約2000年前にすでにアンデス高地で栽培されており、
インカ帝国の時代には特権階級の食べ物として珍重され、戦勝をあげた
兵士への褒賞として与えられたという研究もある。現地ではマカを
「アンデスの人参」と呼び、 滋養食として現地の代表的な家畜である
リャマと少量のマカが取引されていた。
現在マカは、原産国であるペルー政府に貴重な外貨獲得資源となっており、
マカそのものをペルー国外に持ち出すことは法律で禁止されている。

 


マカ・冬虫夏草 加工食品
●内容量
90粒(約30日分) 1日3粒目安

●原材料名
マカ濃縮エキス末、ベニバナ抽出物、亜鉛酵母、冬虫夏草菌糸体抽出物、
トナカイの角抽出物、HPMC、ビタミンE、ショ糖脂肪酸エステル 、セルロース、酸化ケイ素

●3粒(855mg)あたりの成分
マカ濃縮エキス末/200mg 冬虫夏草抽出物/50mg 
トナカイの角抽出物/50mg ベニバナ抽出物/120mg 亜鉛/6mg

熱量/3.30kcal たんぱく質/0.13g 脂質/0.02~0.07g 
炭水化物/0.59g ナトリウム/0~6mg カリウム/10mg未満 リン/10mg未満

 


マカ 冬虫夏草配合


サントリーウエルネスオンライン

 

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マカ 冬虫夏草配合のサントリーのサプリ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/423

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0