哲学の道・銀閣寺ライブカメラ(京都)で桜の開花情報

Pocket

なみ

日本の道百選にも選ばれた哲学の道、
あの哲学者西田幾多郎がこの道を
歩きながら思索にふけったことが
名前の由来よか‥

京都の桜の名所ですが、
夏は新緑と木陰が、秋は紅葉が、
そして、冬は雪景色が楽しめる
観光スポットです。




哲学の道・銀閣寺ライブカメラで桜の開花情報を確認してみる

ところで、銀閣寺にはライブカメラが設置されています。このライブカメラで銀閣寺の桜の開花状況を確認できます。銀閣寺から始まる哲学の道の桜の状況もわかっちゃいます。

こんな感じです。

⇒ 銀閣寺(京都)のライブカメラ

哲学の道 桜咲く散策路 / Philosopher’s Path / 京都いいとこ動画

2016/05/12 に公開された、京都いいとこ動画 KyotoiitokoVideoさんの動画です。
琵琶湖疏水の分線沿いに1.5キロ続く「哲学の道」。哲学者の西田幾多郎が思索にふけりつつ散策していたことからこう呼ばれるようになったと伝わります。


哲学の道へのアクセス

そもそも、この哲学の道は、銀閣寺から左京区・若王子神社に至る疏水べりの約2kmの小道。
春は両岸の関雪桜で花のトンネル、川面に散り流れる花ビラを楽しむため、毎年春になるとたくさんの観光客で賑わいます。

哲学の道・アクセス方法

京都駅から地下鉄に乗って、今出川駅で下車。ここから京都市バスに乗って銀閣寺道バス停を目指してもいいのですが、足に自信がある人は、この今出川通りを東へ向かってひたすら歩きましょう!同志社大学、同志社女子大学を左手に見ながら、鴨川にかかる賀茂大橋を渡り、そこから、さらに同じような距離を歩くと百万遍に到着。ここから両サイドは京都大学。時間があれば、ノーベル化学賞を受賞した福井謙一先生の記念碑を観ましょう。ここからさらに15分程度歩くと、銀閣寺道に到達。天気の良い日であれば、散策をおすすめします。

京都「哲学の道」・豆知識

京都「哲学の道」を歩く・大橋良介

観光ガイド等では記されることの無い、“哲学の道”沿いの「歴史・文化空間の広がり」、「美の豊かさ」、「人生模様の襞の深さ」を、ひとつひとつの場面で描き出す。

哲学の道と桜並木(京都)ポストカード

哲学の道と桜並木/京都府
両面フルカラー印刷で2枚の写真を使用、カード用紙には厚手のコート紙265kg OPP袋も厚さにこだわり0.05mmを使用しています。美しく迫力ある写真で評価が高い写真工房のオリジナルポストカードです。

商品仕様
縦100×横148mm、コート紙265kg
両面フルカラー印刷 OPP袋入
JANコード:4562147481723

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です