小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

勇気のうた 歌詞をふたたび



勇気のうたをしっているだろうか?

小学校の音楽の教科書には掲載されていなかったが、

6年生の最後の遠足で、歌った曲である。

 

なんと、調べてみると、

歌詞は、あの、やなせたかしさんではないか!

 

勇気のうた

作詞:やなせたかし 
作曲:藤家虹二


1.暑い砂漠に風が吹き さじんにけむる地平線
  飲まず食わずに一週間 もう最後かと思う時
  勇気が僕にささやいた たおれちゃだめだがんばれと

2.いなづま光る黒い海 さかまく波はものすごく
  マストもおれた船の上 もう最後かと思う時
  勇気が僕にささやいた あらしがなんだがんばれと

 

やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩(読み同じ)、1919年2月6日 - )は、東京府北豊島郡滝野川町(現・東京都北区)生まれ、高知県香美郡在所村(現香美市)出身の漫画家・絵本作家・イラストレーター・詩人。聖公会のクリスチャンである。日本漫画家協会理事長。有限会社やなせスタジオ社長。作曲家、歌手、デザイナー、舞台美術家、演出家、司会者、編集者、シナリオライターとしての活動歴もあり、作曲者としてはミシェル・カマという筆名を使う。

『アンパンマン』の生みの親として知られ、サンリオから刊行されていた雑誌『詩とメルヘン』編集長(1973年 - 2003年)を長年務めた。現在は季刊雑誌『詩とファンタジー』に責任編集という形でかかわっている。

 




関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 勇気のうた 歌詞をふたたび

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/487

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP