季語

俳句

我が物と思えば軽し笠の雪 其角 ことわざ

我が物と思えば軽し笠の雪 其角 ことわざ 笠の上に積もった雪でも、自分の物だと考えれば、軽く感じるから不思議だ。苦しいことも、わが身のためとなれば苦にならぬことをいう(原句は「我が雪と思えば軽し笠の上」)。江戸前期の俳人、宝井其角の俳句[...
豆知識

雪にまつわる言葉やことわざ・漢字

雪にまつわる言葉やことわざ・漢字 雪にまつわることわざ(柳に雪折れなしなど)、雪に関する季語・俳句(雪、初雪など)、雪の漢字がつく植物名前などを調べてみました。 ‥ 雪にまつわることわざ 雪にまつわることわざをまとめてみました。...
俳句

蛸壺やはかなき夢を夏の月 芭蕉

蛸壺やはかなき夢を夏の月 芭蕉 松尾芭蕉の句に「蛸壺やはかなき夢を夏の月」がある。夏の月が、こうこうと夜の海面を照らす海の底で、蛸壺のタコは捕らわれの身とも知らず、なんとはかない夢をむさぼっていることだろうという意味に解されている...
豆知識

松魚の読み方は?意味や由来など調べてみると‥

松魚の読み方は?意味や由来など調べてみると‥ 松魚の読み方は「かつお」、「しょうぎょ」です。鰹節の切り口が松の木の年輪に似ていることが由来です。 そもそも、「鰹」という字が使われている理由は、傷みやすい魚なので鎌倉時代以前は生で食べ...
俳句

寺田寅彦の俳句と「俳諧の精神」青空文庫

寺田寅彦の俳句と「俳諧の精神」青空文庫 寅彦は自然科学者でありながら文学など自然科学以外の事柄にも造詣が深く、科学と文学を調和させた随筆を多く残している。その中には大陸移動説を先取りするような作品もある。天災は忘れた頃にやってくる」は寅彦...
俳句

山笹の粽やせめて湯なぐさみ 其角‥読み方や由来

山笹の粽やせめて湯なぐさみ 其角 ‥読み方や由来 句は張良が胸中の兵の如し。日夜にわき出るものなれば、一句一句の新古は見ん人も思ひゆるさるべし(其角俳諧の特色としての即興性より) ‥   ふみこしたるに あひしれる女の塔の沢に入て ...
俳句

夏の月蚊を疵(きず)にして五百両 其角

夏の月蚊を疵(きず)にして五百両 其角 蕉門十哲の一人に数えられる宝井其角(たからい きかく)だからこその一句です。 「春宵一刻価千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)」に対して、其角は、夏の月夜は春宵の半額、五百両だといって夏...
豆知識

春の七草「ごぎょう」の花言葉

‥ 春の七草「ごぎょう」の花言葉 春の七草の1つ、御形(ごぎょう、おぎょう)は、茎葉の若いものを食用、いわゆる七草がゆにして食べますが、この御形(ごぎょう、おぎょう)は、キク科ハハコグサ属の越年草、ハハコグサ(母子草、学名: G...
豆知識

2023年啓蟄の日はいつ?‥イベントや行事(雛人形)など

2023年啓蟄の日はいつ?‥イベントや行事(雛人形) 啓蟄とは‥意味や読み方 啓蟄は「けいちつ」と読みます。二十四節気のひとつです。知恵蔵の解説のよれば、春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことで、「啓」には「...
豆知識

2023年の寒の季節はいつ(寒の入り、寒の明け)?

2023年の寒の季節はいつ(寒の入り、寒の明け)? 寒の季節とは‥(小寒から立春までの約1ヶ月間) そもそも、寒の季節とは寒の入りから寒の明けまでを指します。寒の入りとは二十四節気の寒さがますます厳しくなる小寒、また、寒の明けは春が始ま...