高橋一生さんが胎教で学んだユーミンの水の影 歌詞

Pocket

なみ

高橋一生さんが胎教で学んだユーミンの水の影 歌詞

「水の影」は、ユーミンの9枚目のアルバム、時のないホテルに収録されている名曲です。
よそゆき顔で、5cmの向こう岸などはいまでも聞いています。

サワコの朝にゲスト出演した高橋一生さんが
心に残る曲として、取り上げたのがこの「水の影」

母親もユーミン好きで、車の中でよくユーミンを聞いていたそうですが、
高橋一生さんがまだ小さいころ、母親のカセットを見つけて、初めてこの「水の影」を

聴いたとき、「あぁ、この曲、聴いたことがある」とびっくりして母親に話したそうです。
高橋さんの話では、母親が胎教でこの曲を何度も聞かせていたために、覚えていたのだろうということでした。胎児って、聞こえるんですね。




水の影 歌詞

作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実

たとえ異国の白い街でも
風がのどかなとなり町でも
私はたぶん同じ旅人
遠いイマージュ 水面におとす

時は川 きのうは岸辺
人はみなゴンドラに乗り
いつか離れて
想い出に手をふるの

立ち去るときの肩のあたりに
声にならない言葉きこえた
あなたをもっと憎みたかった
残る孤独を忘れるほどに

よどみない浮世の流れ
とびこめぬ弱さ責めつつ
けれど傷つく
心を持ち続けたい

時は川 きのうは岸辺
人はみなゴンドラに乗り
いつか離れて
想い出に手をふるの

ユーミンのアルバム『時のないホテル』


『時のないホテル』は松任谷由実 (ユーミン) の9枚目のオリジナルアルバム。1980年6月21日に東芝EMIからリリース。

1.セシルの週末[5:28]
2.時のないホテル[4:14]
3.ミス・ロンリー[4:27]
4.雨に消えたいジョガー[5:00]
5.ためらい[3:44]
6.よそゆき顔で[4:29]
7.5cmの向う岸[6:25]
8.コンパートメント[7:16]
9.水の影[4:02]

水の影 Youtube

よそゆき顔で 歌詞

作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実

砂埃りの舞う道のわきに
小さなガソリンスタンドがある
松の林と曇った海に
最後の風を喫いに来た

私は明日から変わるんだから
悪ぶってた思い出は捨てる
結婚なんてまだしたくない
けれど今日まで流されて

よそゆき顔ですれちがったら
いやなやつだとおこってもいい
よそゆき顔ですれちがったら
すきなだけ笑って

砂埃りの舞うこんな日だから
観音崎の歩道橋に立つ
ドアのへこんだ白いセリカが
下をくぐってゆかないか

いく人かのカップルで昔
追い越したり抜かれたり走った
今の相手はかたい仕事と
静かな夢を持った人

よそゆき顔ですれちがうなら
二度と会えない方がいいのね
よそゆき顔ですれちがうなら
それまでだった恋

よそゆき顔ですれちがったら
いやなやつだとおこってもいい
よそゆき顔ですれちがったら
すきなだけ笑って

よそゆき顔で Youtube

関連リンク

ユーミン(松任谷由実)の魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です