小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

格言・名言

心に残った言葉-稲盛和夫

心に残った言葉-稲盛和夫

『偉大な人物の行動の成功は、その行動の手段によるよりも
その心の純粋さによる動機善なり也
私心なかりしか』

どこかで書き取ったメモです。

間違っているかもしれません。

 

そして、

 

バカな奴は単純なことを複雑に考える。
普通の奴は複雑なことを複雑に考える。
賢い奴は複雑なことを単純に考える。

 

稲盛 和夫
鹿児島県生まれ。鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校を経て、1955年鹿児島大学工学部を卒業、がいしメーカーの松風(しょうふう)工業を経て、1959年、社員8人で京都セラミツク(現・京セラ)を設立し、10年後、株式上場。ファインセラミックスの技術で世界的な企業に成長させた。1984年には第二電電(DDI、現・KDDI)を設立した。





大切なものは、「なんとかしたい」という情熱なんだよ!

いろいろ意見はあると思いますが、‥‥


でも、とどのつまり

大切なものは、「なんとかしたい」という情熱だと思います。

夢の中まで、どうすればうまくいくんだろうと、考えてしまう、

そんな情熱をもっているかどうかだと思います。

どんな知識をもっているとか、どんな技術があるとか

そんなことは関係ないとはいいませんが、

「なんとかしたい」「成し遂げたい」という情熱には

適わないと思っています。


昔からの、個人的な信念です。

それは、まずは、希望すること、望むこと。

これがスタートです。


この思いの強い人が、結果的に、夢を実現していると

思います。

人の熱い思いは、やがて形になる

そんなことを経験的に学びました。


 


徳川家康の名言といえば、「人の一生は重荷を‥

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。 急ぐべからず。

 

ふと、思い出された言葉。

重いね、

 


 

 

宝くじなんか買ってる場合ではないかな?

 

急ぐべからず、

というのが、きいています。

 


双葉山の名言、「我はまだ木鶏たりえず」

以前に書き留めておけばよかったと思いながら、

検索すると、以外に、簡単に見つかってしまった。

いやはや、ネットの時代である。

 

双葉山の名言、「我はまだ木鶏たりえず」

 

 

ネット検索では、会ったことも昔の人の画像をYoutubeで

見ることも可能なのだ、

すばらしい。

 

ところで、

この木鶏という言葉は、「荘子」にでてくる「木鶏の教訓」という挿話だそうで、

人間が虚心無我になったときに最も強くなるということを伝えています。

 

ちょっとした、他人の言葉に、

顔がわずかでも、曇るようでは、遠く、及ばない、と感じています。

ポーカーフェイスとよく言いますが、

これが、できるようになると、一歩、虚心無我に近づけたような

気がするのですが‥。

 

 

 

 


つもり違いの10ヵ条は名言だね

触媒というものがあるらしい。

自分自身は変化しないが、反応系の中に存在するだけで、

驚くほど、反応の活性を向上させる働きをもっているとか。

 

人は、生まれたばかりのときには、親にも制御できないような

活性をもっているために、夜中に泣き止まず、周囲の人を悩ませてしまう。

でも、これ、当たり前。

そして、年齢とともに、活性は磨きがかかり、

その人の得意分野で、働くと、歴史に名を残すような人物となる。

 

しかし、やがて、衰えていく。

活性は失われていく。

再生される場合もあるが、消失していく。

活性を取り戻すには、外部からの刺激が、ときに、必要になるらしい。

 

いままで、知らなかった分野のことを学んだり、技術を習得したり‥‥

 

Qちゃんが、言っていた。

「夢はかなえるもの」

「続けていれば、いつか、夢はかなう」と。

 

qchan1.jpg

 

つもり違いの10ヵ条 という名言がある。

出典を調べたが、よくわからない。

ご存知の方がおられたら、是非、‥

 

1 : 高いつもりで低いのは「教養」
2 : 低いつもりで高いのは「気位」
3 : 深いつもりで浅いのは「知識」
4 : 浅いつもりで深いのは「欲」
5 : 厚いつもりで薄いのは「人情」
6 : 薄いつもりで厚いのは「面の皮」
7 : 強いつもりで弱いのは「根性」
8 : 弱いつもりで強いのは「我」
9 : 多いつもりで少ないのは「分別」
10 : 少ないつもりで多いのは「無駄」


出典:「心の生産性ーやりがいと生きがいの創生ー」岩永充三・遠藤武男
日本教育新聞社 出版局、p213
http://www3.ocn.ne.jp/~norimatu/log/10item.html

 

世の中に目を向けてみる。

 

厚労省試算では、

マイナス1%成長で「年金は31年度に破綻」とか。

 

ここは、一念発起して、社会保険労務士(「社労士」や「労務士」)の資格を!

 

試験科目は、

労働法令
労働基準法、労働安全衛生法
労働者災害補償保険法
雇用保険法、労働保険の保険料の徴収に関する法律
社会保険法令
健康保険法
厚生年金保険法
国民年金法
労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

などらしい。

社会保険労務士受験マスターノート(平成19年版)

 

これも、再活性化の一つになるかな

 

 

 

 

 


急がば廻れ とはよく言うが、‥‥

急がば廻れ とはよく言うが、‥‥

あせっている人に、そんな言葉は通用しない と思う。

なぜ、あせっているのか?

それは、無論、結果がほしいからです。

少しでも早く結果がほしい。

だから、本当に効果があるかどうかわからない

本当はあんまり効果はないと思いながら、

ゆっくりと落ち着いて考えることをしない のかも。

でも、そのときは、たとえ、じっくり考えたとしても

最良の方法の50%にもならないかもしれない。

急いで、とにかく、近道して、

動いて、動いて、動いて、

その結果、やっぱり、ダメだと気付いて、初めて

急がば廻れ ということがわかってくる。

それは、無駄にはなったかもしれないけど、

動いて、動いて、動いて、 を続けたことで、

最良の方法が見えてくることがあるからではないか。

失敗を繰り返すことで、より効果的な方法が見えてくる。

そうなって、やっと、急がば廻れ、なんだということが

少し、わかってくる。(と思っている)

 

ちなみに、

英訳は、Haste makes waste. 「あわてると無駄になる」の意味。

Make haste slowly.という言い方もあるとか。



アルクには、次のような例文が載っていました。

It may seem like a hassle, but I think you ought to go back to the basics and start over. Haste makes waste, they say. 
 

面倒なようでも、基本に立ち返って検討し直したらどうだろう。急がば 廻れ、というじゃない。

 

「PR] 銀座で通える英会話スクールの無料体験

 


「継続は力なり」の英訳は??

やっぱり、継続は力なり だなと感じた今日。

あきらめずにがんばっていれば、少しずつ、技術があがり、

知識も増えて、その結果、以前はできなかったことが

かなり簡単にできるようになってくる。

まあ、あたりまえのことなんでしょうが、

そのあたりまえのことが、なかなかできないのが人間、なのです。

 

で、

継続は力なり を英訳するとどうなるの?

と思って調べてみると、

ネットでも、議論されてりるようで、

 

Persistence pays off.

 

が、一番、多かった意見ですね。

 

継続してがんばっていると、以前は特別にすごいことだと

思っていたことが、自分でもできるようになって、

そんなに特別でもなかったのかなと思えるように

なることですかね。

うまくいった場合はですが‥

 

Perseverance makes perfect.

というのもありました。

 

 

 

 

 

 


人それぞれの役割とは:宇佐元恭一の雨ニモマケズ を聴きながら

人にはそれぞれ役割分担が、

あると思います。

宇佐元恭一/「雨ニモマケズ」 (宮沢賢治)を聴きながら

その思いを強くしています。

 
今さらですが、雨にも負けずは、宮沢賢治が自分を

励ましているんですね

 

 

 

雨にも負けず

「雨ニモマケズ」

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしは

なりたい

 

 

 


性善説の人生哲学『菜根譚(さいこんたん)』

菜根譚 超訳なるものを見つけました。
一瞬で、釘付けになっています。

 

簾( )高敞(れんろうこうしょう)、
青山緑水(せいざんりょくすい)の雲煙(うんえん)を
呑吐(どんと)するを看(み)ては、
乾坤(けんこん)の自在(じざい)なるを識(し)る。
竹樹扶疎(ちくじゅふそ)、乳燕鳴鳩(にゅうえんめいきゅう)
の時序(じじょ)を送迎(そうげい)するに任(まか)せて、
物我(ぶつが)の両(ふた)つながら忘(わす)るるを知(し)る。


巻き上げられた簾越しに、見る青い山々や緑なる川から
雲や霧が湧き出るのを見ていると、大自然が如何に自由自在かを知る。
竹や樹木の枝葉は、燕の子育て鳩の営みに棲家を提供し、
時の移り変わりに任せている様子から、
物と心という相対的な関係を両方とも忘れてしまう。
つまり、達人は、大自然に身を置き、淡々と暮らしていると、
自然の本質である心身一如、物心一如が解かってくるものだ。
言換えれば、大自然こそ達人の人生最後の師といえるだろう。

出展: http://www.saikontan.net/choyk/2006/03/post_243.html

 


少年よ大志を抱け

少年よ大志を抱け。

なんとなれば、

少年は老い易すく、学成り難し、がゆえに

なぜ、クラークはそう叫んだのか?

いまさらだが、その気持ちがわかるようになってきた。

 

くりかえしだが、

少年は老い易すく、学成り難し

 

若いうちは、決してわからない。

残念ながら。

 

話は変わるが、金 美齢さんがいっていた。

大切なのは、身に着けている教養だと。

上に立つ人物に最低限、必要なものは教養だと。

 

金 美齢(きん びれい、1934年(昭和9年)2月7日 - )は、
台湾人の評論家、学校法人柴永国際学園JET日本語学校理事長、
元中華民国総統府国策顧問。夫は元東京理科大学教授の周英明。
長年台湾独立運動に関わり、日本国内で台湾の主張を前面に
押し出した活動を展開。台湾に対して様々な圧力をかけ続けている
中華人民共和国に対しては常に厳しい批判を続けている。

[編集] 著作
『日本ほど格差のない国はありません』(ワック出版、ISBN 9784898315583)2006年
『日本人の覚悟』(ワック出版、ISBN 9784898315651)2007年
『夫婦純愛』(小学館、ISBN 9784093877473)2007年
『日本は世界で一番夢も希望もある国です!』(PHP研究所、ISBN 9784569692012)2007年
『戦後日本人の忘れもの』(ワック出版、ISBN 9784898315767) 2008年

 

 

おすすめ読書:金 美齢

 

 



Page: 1 < 2  次の10件>>

TOPPAGE  TOP