トイレが近い・頻尿の対策は?薬がいいの?

なかなか人には相談できない
こんな中高年男性・女性に特有のお悩みありませんか?

夜中に何度もトイレに起きる(頻尿)
→残尿感がありスッキリしない
→外出中も気になって楽しめない
→キレと勢いがいまいち
→長時間の会議や異動が怖い
→食事も工夫してみたけど‥
→特に冬の時期は大変‥

ちなみに、

頻尿と診断される目安は、
日中に8回以上トイレへ行く(昼間頻尿)、夜間に1回以上トイレへ行く(夜間頻尿)場合です。
とくに生活に支障などがなければ、問題視することはないかもしれませんが、
膀胱などの病気が原因となっている場合もあるので、病院で一度、診療をされることをおすすめします。

ところで、

頻尿に悩まされている人に多い症状の主なものは、ストレスが原因の神経性頻尿と
近年増加傾向になる過活動膀胱です。 このほかに、膀胱炎や加齢(前立腺肥大症など)などの原因もありますが、

この中で、加齢(前立腺肥大症など)が原因でスッキリしない‥そんな時は(頻尿の改善・対策には)
ノコギリヤシがおすすめです。

実は、ノコギリヤシは漢方では古くから泌尿器関連の疾病に利用されており、
性ホルモンに働きかけて、前立腺肥大や排尿障害などに効果があるとされています。
ノコギリヤシは中高年男性に人気の天然ハーブのお薬(サプリ)なのです。

前立腺肥大患者2000人がノコギリヤシエキス160mgを1日2回摂取したところ、
約3か月後には、88%の患者さんに自覚症状の改善がみられました。

なお、頻尿の傾向にある人は、頻尿の別の対策として
日頃からの生活習慣上の工夫も効果があります。

たとえば、身体を冷やさないようにする、カフェイン(コーヒーなど)類を制限する、
水分摂取を制限する、適度な運動をして便秘に気をつける、トイレ間隔を延ばす訓練をするなどです。




「近い」「キレが悪い」の悩みに!ノコギリヤシ+クラチャイダム




トイレが近い・頻尿の主な原因は「前立腺肥大症」

「前立腺肥大症」について

前立腺肥大とは、膀胱の下にある前立腺が肥大することです。
その前立腺が尿道を圧迫することで、
「スッキリしない」「夜中に何度も」といったことが引き起こされます。

前立腺肥大の原因は、年齢とともに男性ホルモンの性質が変化することにあります。





テストステロン
男性ホルモンであるテストステロン、この男性モルモンの働きで
筋肉や骨格が発達して背が伸び、男性としての体が作られます。

5aリダクターゼ

5aリダクターゼは、ステロイドの代謝に関係する酵素の1つです。
ステロイドホルモンであつテストステロンと結びつきます。

ジヒドロテストステロン(DHT)
ジヒドロテストステロン(DHT)は5aリダクターゼの作用で合成された、
より強力な男性ホルモン
テストステロンと5aリダクターゼが結びつくことで前立腺肥大やキレの悪さを引き起こす
ジヒドロテストステロン(DHT)ができてしまいます。

つまり、

ジヒドロテストステロン(DHT)ができなければ、お悩み解決
なんと、ノコギリヤシには5aリダクターゼをコントロールする力があるんです!
この酵素を抑制できれば、ジヒドロテストステロンの合成を抑えることができます。
さらに、抑制するだけなので、ホルモンバランスは崩しません。
副作用もないので安心して摂取することができます!

さらに、

男性の悩み解決にうれしい、今話題の素材、クラチャイダムをプラスしています。
クラチャイダムはタイの健康活力素材として、とても人気の成分です。

クラチャイダムは、黒ショウガや黒ウコンとも言われている、
熱帯地方で栽培される植物です。原産国のタイでは、古来より健康のためにスライスした
クラチャイダムを煮出し、お茶として飲んでいます。
タイでは老若男女に愛飲されている、代表的なヘルスケア食品で
知らない人はいないくらい人気があります。







「近い」「キレが悪い」の悩みに!ノコギリヤシ+クラチャイダム


ノコギリヤシで88%の患者さんが改善!そして、喜びの声

前立腺肥大患者2000人がノコギリヤシエキス160mgを1日2回摂取したところ、
約3か月後には、88%の患者さんに自覚症状の改善がみられました。


ヨーロッパでは医学業界も注目しています。
つまり、ノコギリヤシが前立腺肥大などの男性の悩みをサポートする素材であると注目が
集まっているのです。








関連記事


TOPPAGE  TOP