エピゲノムとは

エピゲノムってご存知ですか?

エピゲノムとは人体の設計図にあたるゲノム(全遺伝情報)の働きが
微妙に変化する現象。日々の生活では、必ずしもすべての細胞が生まれ
持った設計図通りに動くわけではないらしいのです。

つまり、

ウイルス感染や食事、ストレス、老化といった生活環境で、
遺伝子の働きは大人になってからでも変化するようで、
ゲノムの配列そのものは変わらず、先天的な体質とも違うとのこと。

原因は、ウイルス感染などで、DNA(デオキシリボ核酸)に
鍵をかけるような物質(メチル基)がくっついたり、DNAの
巻きがゆるんだりするためだとか。

遺伝子自体の構造にかかわる変化のため、病気の発症などを左右するそうです。

細胞の異常増殖が起こるがんの多くは、エピゲノムの変化が原因だそうです。


マンガでわかる若返りの科学

マンガでわかる若返りの科学 
なぜ糖質ダイエットが必要なのか?寝たきりにならずボ 
(サイエンス・アイ新書)



わが国は世界に誇れる平均寿命を維持していますが、
元気なお年寄りは意外と少ないのが現実です。
老化とはからだの機能が衰えてくる現象なので、
そのスピードを遅らせることは誰でもできます。
本書は、最新の医学情報の中からアンチエイジングに役立つ話題を選びだし、
それが働くしくみや機能、実現するための方法をやさしいマンガで紹介した、
アンチエイジングの決定版です。

第1章 若さを保つ方法
第2章 長寿遺伝子をオンにする生活習慣
第3章 寿命の回数券、テロメアを長く保つ方法
第4章 エピゲノムでアンチエイジング
第5章 長寿ホルモンで長生きができるか
第6章 活性酸素と老化の関係
第7章 からだの糖化が老化を招く
第8章 ミトコンドリアを増やせば体力が増強する
第9章 若返りの水とはなにか
第10章 腸を元気にして老化を防ぐ

がんを治すエピゲノムの研究

がんを治すエピゲノムの研究

遺伝子の仕組みがどんどん解明されているようです。
人はどこまでコントロールできるようになるのでしょうか?

食生活などの生活習慣や老化、ストレスといった
後天的な要因で遺伝子の働きが変わる「エピゲノム」と
呼ばれる現象を、病気の診断や治療に役立てる試みが
広がりつつあり、米国ではがんの治療薬が登場し、
国内でも臨床試験が進められている。
人それぞれ姿形が違うのは遺伝子の塩基配列の違いによると考えられてきましたが、
近年、塩基配列は同じなのに、外からの刺激によって遺伝子の
働きが変わり、それが違いを生むことがわかってきたのです。

エピゲノムの仕組みとしては特定の分子が遺伝子にくっつくことで
遺伝子の情報が詠み取れたり、読み取れなくなったりする
「メチル化」や「ヒストン修飾」があります。

胃がんと肝がんの発生には、それぞれピロリ菌と肝炎ウィルスによる
炎症が慢性化することで、発がんを抑えるブレーキ役の遺伝子などが
メチル化し、読み取れなくなることが重要らしい(国立がん研究センター研究所の 牛島俊和部長)

糖尿病やアルツハイマー病、パーキンソン病など、
がん以外の病気でも関連性の研究が進んでいるようです。

雨に濡れても ウクレレYoutube

この雨に濡れてもという曲がウクレレという楽器にマッチしているのでしょうか
とても気持ちよく聴くことができます。

こちらは、天然木材を使用した、初めてウクレレを手にする初心者の方にぴったりの入門ウクレレです。
お値段もお手頃です。

 

 

TOP

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0