騰落レシオと株価の動き



騰落レシオと株価動向

なかなかわからないものが株価動向。
下がると思えば、上がるし、上がると思えば下がる。

日経平均株価もようやく1万円を回復しましたが、
さてはて。

株投資のテクニカル指標にもいろいろあるようですが、
けっこう当てにしている指標が、騰落レシオ(とうらくレシオ)。

株に絶対はないでしょうが、

騰落レシオが130%を超えると売り、
騰落レシオが70%を下回ると買い、

なのかな。

結局、上がり続ける株はないし、
下がり続ける株もないということか。


騰落レシオ(とうらくレシオ)とは、罫線表の一種。

市場の値下がり銘柄数に対する値上がり銘柄数の比率から、
市場での、買われすぎ、売られすぎ等の状態や、
市場参加者の過熱感(強気、弱気)を見る指標として用いられる。

(25日間の値上がり銘柄数の合計)÷(25日間の値下がり銘柄数の合計)×100
を計算した25日騰落レシオが、よく利用される。

100ポイントを大きく上回った場合は買われすぎ。強気。
100ポイントを大きく下回った場合は売られすぎ。弱気。
と判断する。

騰落レシオはある一定の範囲内で動くことが多く、

強気がピークとなったタイミングで売り
弱気がピークとなったタイミングで買い
の様に利用する。

ここで、騰落レシオを確認できます。

http://www.asset-alive.com/nikkei/chart.php

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 騰落レシオと株価の動き

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/357

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0