一目均衡表とは



一目均衡表とは

 

■一目均衡表の歴史

 1936年、兜町担当記者であったペンネーム、一目山人
(本名:細田悟一)が考案した株価チャート分析ツール。

株価と時間を軸として、一目で買い方と売り方の均衡状態を
把握できるようにした点が画期的である。現在でも、相場を
手がける人には必須のツールとなっている。

■一目均衡表の構成

 一目均衡表は以下の5つの指標から構成される。

  転換線=(過去9日間の高値+安値)÷2

  基準線=(過去26日間の高値+安値)÷2

  先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を26日先にずらしたもの

  先行スパン2={(過去52日間の高値+安値)÷2}を26日先にずらしたもの

  遅行スパン=(本日の終値)を26日前にずらしたもの


2本の先行スパンに囲まれた部分は雲と呼ばれる。
価格と時間を重視し、相場は買い方と売り方の均衡が
破れた方向に動くとの考えに基づき作成されている。

株価チャートの複雑さに対し、

・直近の売買価格帯の中心点(転換線、基準線)
・過去からの価格変動(遅行スパン:26日前の売買者損益)
・未来における、株保持者の購入価格帯層(先行スパン1,2、 雲)

を補助線として示し、現在の売買価格と補助線を比較することで、
価格と時間を軸として、まさに一目で均衡状態を把握できるよう
にした点が画期的である。


■売買シグナル

・転換線と基準線
  転換線が基準線を上に抜けると買い。下に抜けると売りとされる。

・基準線
  基準線が上向けば買い。下向けば売りとされる。

・雲と株価
  株価が雲より上にあれば下値支持帯、抵抗帯より下にあれば上値支持帯。
  雲の厚みが抵抗力の強弱を示すとされる。

・遅行スパンとローソク足、日々線
  遅行スパンと日々線とを比べ、遅行線が日々線を
  上回っていれば買い期間、下回っていれば売り期間とされる。

・三役好転/三役逆転
  転換線>基準線, 株価>雲, 遅行スパン>日々線 の条件が
  揃うことを三役好転といい、強い買いシグナルとされる。
  すべて逆の条件となることを三役逆転といい、強い売りシグナルとされる。

 

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一目均衡表とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/358

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0