ダンロップのゴルフクラブ、ゼクシオシリーズ



ダンロップのゴルフクラブ、ゼクシオシリーズ

2000年にブームを起こしたゴルフクラブといえば?

2000年に話題を集めたゴルフクラブといえば、「ダンロップ XXIO シリーズ」(以下ゼクシオ)。アマチュアゴルファーのボリュームゾーンである「アベレージ」に合わせて作られたクラブは「飛距離・やさしさ」の面で評判を得て、瞬く間に大ヒット。2000年から2001年までの2年間、ドライバー・アイアンといった各カテゴリーで売り上げランキング1位を独占した。また、この年に初の賞金王に輝いた片山晋呉プロが使用していたこともあり、プロとアマチュアの両方から評価を得て、ゼクシオは「万人向けクラブ」と巷で称されるようになった。ちなみに、初代「ゼクシオ」のドライバーヘッド体積は約300cm3。現在、6代目のドライバーのヘッド体積はルール最大の460cm3まで大きくなり、圧倒的なスイートエリアの広さでミスに強く、ゴルファーの強い味方になっている。

さらなる高級感と飛距離性能を向上!

「ゼクシオ プライム」シリーズ ウッドを新発売
 SRIスポーツ(株)は、低重心、深重心と軽量設計で大きな飛距離を追求するゴルフクラブ「ゼクシオ プライム」ウッドを2010年12月11日から新発売します。メーカー希望小売価格(消費税込み)は、ドライバー(W#1)が1本110,250円<本体価格 105,000円>、フェアウェイウッド(W#3,4,5,7,9,11)が1本73,500円<本体価格 70,000円>です。
さらに低ヘッドスピードのゴルファーの飛距離向上と番手間の飛距離の適正化を目指した新シリーズとして「ゼクシオ プライム VP」ウッドを2011年1月20日から新発売します。メーカー希望小売価格(消費税込み)は、ドライバー(W#1)が1本94,500円<本体価格 90,000円>、フェアウェイウッド(W#4,5,6)が1本63,000円<本体価格 60,000円>です。

 

ゴルフ用品検索
メーカー
ジャンル

 

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ダンロップのゴルフクラブ、ゼクシオシリーズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/363

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0