五円玉手芸・アート

五円玉の亀(7枚)作り方:その4

それでは、亀の頭を作りましょう。

10cmにカットした2本のひもを交互にねじり1本のひもにしてください。

そのひもにキーホルダーを通して、2つ折りにして、頭をつくります。

7-41.JPG

次の、この亀の頭を、本体に、ボンドでしっかりと接着します。



 
7-42.JPG



5円玉を7枚使った亀の完成です。

いかがですか?

 

是非、一度、お試しください。

 

 

五円玉の亀(7枚)作り方:その3

それでは、足をつくましょう。

15cm程度のひもをカットして、輪をつくってください。
(先端にボンドをつけて、接着部分はテープで巻いてください)

接着が完了後、1本のひもにしてください(下図参照)。
これが4本の足になります。

7-31.JPG

↓ ↓ ↓

7-32.JPG


次に、長さ7-8cmのひもを10本程度作成してくdさい。

これが、尻尾になります。

お好みに合わせて、本数を増やしてください。

7-33.JPG


以上、作成した、足と尻尾を以下のように、亀の甲羅(前回作成)に

ボンドで接着します。

7-34.JPG

ずいぶんと、亀さんらしくなってきました。

ここまで、できましたか?

 





五円玉の亀(7枚)作り方:その2

亀の甲羅の形ができたので、周囲にひもでデコレーションを行います。

方法は、1枚の亀を作ったときと同様です。

もう一度、こちらも参考にしながら、作ってみましょう。

さすがに、7枚だと、それなりの大きさになりますね。

 

7-21.JPG



↓ ↓ ↓

 

7-22.JPG

 

↓ ↓ ↓

 

 

7-23.JPG


五円玉の亀(7枚)作り方:その1

これまでは、五円玉を1枚使った亀の手芸でしたが、

今度は、7枚使いです。

開運も7倍です!(笑)

 

まず、準備するものですが、

五円玉は7枚、紐の長さも約7倍。

五円玉を7枚、重ねるだけで、基本的には、1枚使いの亀の作り方を同じです。

完成品を下に示します。


kame-3.JPG

 

 

手順

1.五円玉を7枚使用して、亀の甲羅を作ります。中央の3枚をまず、ひもで固定して、
  その後、左右に2枚ずつ、5円玉を加えていきます。

 

7-1.JPG

 

 ↓ ↓ ↓

 

7-3.JPG

 

  ↓ ↓ ↓ 

 

7-5.JPG

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

7-7.JPG

 

 

以上のように、5円玉の中央の穴にひもを通して、2枚1組で

固定してきます。これで、亀の甲羅の形ができあがりました。

 

 

 


五円玉の亀:作り方(3)

さて、いよいよ五円玉の亀の作り方(五円玉を1枚で作成)の最終回です。

かめさんの甲羅をつくりましょう!

 

1.紐を小さく丸めていきます。中心にはボンドを使って、接着します。
  形は、円形、楕円形など、お好みに合わせて!

 

tukurikata-13.JPG

 

2.ある程度の大きさになったら、亀の胴体に接着します。そして、ボンドを使いながら、
  少しずつ、大きくしていってください。

tukurikata-14.JPG

 

どうです? できましたか?

これで、見た目は、五円玉の亀の完成です。

実は、ひとつ、忘れていたのが、鈴のついた飾りひも。

これは、首のあたりにボンドで接着。

ほんとは、甲羅をつけるときに、接着しなければいけません。

tukurikata-15.JPG

 

 

完成!!

一度、お試しあれ!!

 

 


五円玉の亀:作り方(2)

五円玉の亀:作り方(1)で亀の胴体ができました。

作ってみると、なるほですね。

五円玉1枚で、胴体になっちゃうんですね、マサノばあちゃん!

さて、次は、頭+手足+尻尾です。

1.まずは、頭と尻尾です。30cmぐらいに切ったひもを、3つ折にします。

  先端を図のように、少量の木工用ボンドで接着して、頭らしきものを作ります。

  ボンドの量はあまり使いすぎないように、適量で作成するのがコツです。

  少し、時間をおいて、接着剤が固まってくれば、前回、作った、胴体に、

  ボンドを使って固定します。ここまで、できましたか??

 

  tukurikata-8.JPG  
tukurikata-9.jpg

tukurikata-10.JPG

 

2.次は、手足です。5cmぐらいに短く切ったひもを4本そろえて、その紐を2つに折って、

  木工用ボンドで接着します。簡単ですね。形、大きさは、好みに合わせてご自由に!

tukurikata-11.JPG 

 

tukurikata-12.JPG 

 

さあ、だんだんと亀さんらしくなってきましたね。

 

kame.gif

 

 


五円玉の亀:作り方(1)

五円玉の亀の作り方を写真をまじえて紹介します。

いろいろな作り方があるかと思いますが、
これは、マサノばあちゃん式作り方です。

 

1.五円玉にひもを通して(紐の長さは、1m程度です)、しっかりと結びます。

tukurikata-1.JPG

tukurikata-2.JPG

2.ひもの先端を、上から五円玉の穴に通して、その紐を、下図のように
  下からいれて、しっかりとひっぱります。(この部分は実際に行わないと
  わかりにく部分です)。同様の操作を、繰り返します。

tukurikata-4.JPG

tukurikata-5.JPG

tukurikata-6.JPG

tukurikata-7.JPG

3.五円玉の全周に巻いたあとは、紐の両端をしっかりと結んで解けないようにします。

 

ここまでで、五円玉の亀の胴体ができました。

次は、頭、手足、しっぽです。

 

 

 

 

 


五円玉の亀:準備するもの

さあ、五円玉で亀を作ってみましょう!

準備するものは

・当然、5円玉(なければ、スーパーに行ってゲット!)
・手芸ひも(品名では、ハイメタリックヤーン:パールなど、長さは4m単位で販売)
・木工用ボンド
・小さな鈴
・はさみ


どれもすぐに揃えられるところがいいですね。

手芸ひもは、すぐにというわけにはいかないかもしれませんが、

お近くに、ショップがないときは、とりあえず、

身近なひもを利用してみましょう!





kame.JPG


五円玉の手芸(アート)について

五円玉手芸(アート)と呼ばれるものでがあります。

五円玉ときれいな飾り紐を使って、亀や鶴、太鼓や兜、三重之塔宝船、御輿などを

作製するものです。こうやって並べてみると、縁起物が多いですね。

五円玉のご縁ともかけて、招福の祈りもあるのだと思います。

ところで、

五円玉の亀って、見たことありますか?

五円玉の手芸では、比較的に手軽にできるため、

もっていらっしゃるかたも多いと思いますが。

この五円玉で作製する亀には、

・五円玉を1枚使って作ったものもの、

・五円玉を7枚個使って作ったものもの、

・五円玉をたくさん使って作ったものもの、

いろいろあるようですが、

ここでは、五円玉を1枚個使った亀と7枚使った亀について

その作り方をご紹介したいと思います。

手芸専門のショップでは、キットとして販売しているので、

ご興味のある方は、ショップをのぞいてみてください。



goenkame1.JPG




Page: 1

TOPPAGE  TOP