新島襄について

新島 襄(にいじま じょう 英字表記:Joseph Hardy Neesima、天保14年1月14日(1843年2月12日) - 明治23年(1890年)1月23日)はキリスト教の布教家。同志社英学校(後の同志社大学)を興した。福澤諭吉らとならび、明治六大教育家の1人に数えられている。

新島襄の生涯

天保14年(1843年)、江戸の神田にあった上州安中藩板倉家江戸屋敷で、藩士の子として生まれる。本名を七五三太(しめた)という。この名前は、祖父弁治が女子が4人続いた後の初の男子誕生に喜び「しめた」と言った事から命名されたという説がある。後に敬幹(けいかん)と改名。

元服後、安中藩士となった頃、友人からアメリカの地図書を受け取り、アメリカの制度に触れ、アメリカに憧れを持つようになる。その後、幕府の軍艦操練所で洋学を学ぶ。

慶応2年(1866年)12月、アンドーヴァー神学校付属教会で洗礼を受ける。慶応3年(1867年)にフィリップス・アカデミーを卒業、明治3年(1870年(明治3年)にアマースト大学を卒業(理学士)。これは日本人初の学士の学位取得であった。アマースト大学では、後に札幌農学校教頭となるウィリアム・スミス・クラークから化学の授業を受けていた。クラークにとっては最初の日本人学生であり、この縁でクラークは来日することとなった。当初密入国者として渡米した襄であったが、初代の駐米公使となった森有礼によって正式な留学生として認可された。

1874年(明治7年)、アンドーヴァー神学校を卒業する。同年10月、アメリカン・ボード海外伝道部の年次大会で日本でキリスト教主義大学の設立を訴え、5,000ドルの寄付の約束を得る。11月、横浜に帰着。旧主家の板倉氏の先祖である板倉勝重が京都所司代を務めたこともある関係で、新島家は公家華族とも広く親交があった。1875年(明治8年)11月29日、かねてより親交の深かった公家華族の高松保実子爵より屋敷(高松家別邸)の約半部を借り受けることが出来たので校舎を確保することが出来、京都府知事・槇村正直、府顧問・山本覚馬の賛同を得て官許同志社英学校を開校し初代社長に就任する。開校時の教員は襄とJ.D.デイヴィスの2人、生徒は元良勇次郎、中島力造、上野栄三郎ら8人であった。またこのときの縁で翌年(1876年)1月3日、山本覚馬の妹・八重と結婚する。 1876年(明治9年)10月20日、熊本バンドと呼ばれる金森通倫、横井時雄、小崎弘道、吉田作弥、海老名弾正、徳富蘇峰ら青年達が同校に入学。





新島襄の妻-新島八重

妻の八重とは互いに尊重しあい夫婦仲がとても良かった。槇村正直に援助を求めに行った際、どんな女性と結婚したいかと聞かれ、「夫が東を向けと言ったら、3年も東を向いているような女性は嫌です」と答える[2]。その際、槇村は自分の元に女学校の補助金を増やすようたびたび直訴に訪れる女性、山本八重を紹介。その時は立ち消えになるが、後日八重の兄山本覚馬の家で偶然、井戸に腰をかけ裁縫をしている八重に目をとめ、その危なげな姿に心引かれる[2]。八重はその男勝りの性格でたびたび周囲と確執を生むが、襄はそれを優しく諌めながら見守っていた。アメリカの友人への手紙で「彼女は見た目は決して美しくはありません。ただ、生き方がハンサムなのです。私にはそれで十分です。」と書いている。



【送料無料】新島八重と幕末 [ 由良弥生 ]

【送料無料】新島八重と幕末 [ 由良弥生 ]
価格:1,680円(税込、送料別)





新島襄の著作(近年)

『新島襄 教育宗教論集』 同志社編、岩波文庫、2010年10月
『新島襄の手紙』 同志社編、岩波文庫、2005年
『新島襄 わが人生』 鑓田研一編/人間の記録:日本図書センター、2004年
『新島襄全集』 全10巻(11分冊)、同編集委員会、同朋舎、1983-96年


八重の桜の見どころ:ならぬことはならぬ(1月6日放送)

1868(慶応4)年8月、砲撃をあびる会津・鶴ヶ城内で、スペンサー銃を構え戦う若き女性銃士がいた。山本八重(綾瀬はるか)、後の新島八重である。  戦からさかのぼること17年前。5歳の八重(鈴木梨央)は男勝りで負けん気が強く、父・権八(松重豊)や母・佐久(風吹ジュン)も手をやいていた。そんな八重が慕ってやまないのが、兄・覚馬(西島秀俊)だった。銃で華麗に的を撃ち抜く兄の姿を見た八重は、砲術に夢中になっていく。

 

 



NHK大河ドラマ:八重の桜の見どころ


ならぬことはならぬ:1月6日放送のあらすじ

1868(慶応4)年8月、砲撃をあびる会津・鶴ヶ城内で、スペンサー銃を構え戦う若き女性銃士がいた。山本八重(綾瀬はるか)、後の新島八重である。  戦からさかのぼること17年前。5歳の八重(鈴木梨央)は男勝りで負けん気が強く、父・権八(松重豊)や母・佐久(風吹ジュン)も手をやいていた。そんな八重が慕ってやまないのが、兄・覚馬(西島秀俊)だった。銃で華麗に的を撃ち抜く兄の姿を見た八重は、砲術に夢中になっていく。

やむにやまれぬ心:1月13日放送のあらすじ

 

蹴散らして前へ:1月20日放送のあらすじ

 

八重の桜の見どころ:相互リンク

八重の桜の見どころ:関連リンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0