小倉で働く次長さんの後楽のおはなし


ドラッカーによる組織のマネジメント

ドラッカーによる組織のマネジメント

 

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
(Peter Ferdinand Drucker、1909年11月19日 - 2005年11月11日)
オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系経営学者・社会学者。
もとは「ペーター・フェルディナント・ドリュッカー」(Peter Ferdinand Drücker)。
父・アドルフ・ドリュッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、
義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン
(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。

彼の著作には大きく分けて組織のマネジメントを取り上げたものと、
社会や政治などを取り上げたものがある。

本人によれば彼のもっとも基本的な関心は
「人を幸福にすること」にあった。そのためには個人としての
人間と社会(組織)の中の人間のどちらかのアプローチをする必要があるが、
ピーター自身が選択したのは後者だった。

ドラッカーの思想は、組織や企業経営の分野にとどまらず、
個人のプロフェッショナル成長の分野にも及んでいた。
いわゆるナレッジワーカーが21世紀のビジネス環境で生き残り、
成功するためには、「自己の長所(強み)」や
「自分がいつ変化すべきか」を知ること、そして、
「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」を勧めていた。
新しい挑戦こそが、プロフェッショナルの成功に貢献すると主張していた。

 

いま読んでおきたい本:ドラッカー

 

 

単著
『経済人の終わり――新全体主義の研究』(東洋経済新報社、1963年) - 1939年著作。ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺や独ソ不可侵条約を予言。これに対して、当時のイギリス首相チャーチルが激賞。
『変貌する産業社会』(ダイヤモンド社、1959年)
『明日のための思想』(ダイヤモンド社、1960年)
『明日を経営するもの』(日本事務能率協会、1960年)
『新しい社会と新しい経営』(ダイヤモンド社、1961年)
『競争世界への挑戦――日本の経営に提言する』(日本事務能率協会、1962年)
『経営とはなにか』(日本事務能率協会、1964年)
『産業にたずさわる人の未来』(東洋経済新報社、1964年)
『創造する経営者』(ダイヤモンド社、1964年)
『現代の経営(上・下)』(ダイヤモンド社、1965年) - 1954年著作。目標管理を提唱。マネジメント・ブームに火をつける。
『産業人の未来』(未來社、1965年)1942年著作。この著書をきっかけにゼネラルモーターズ(GM)から会社組織の変革と再建を依頼され、大成功を収める。「改革の原理としての保守主義」という副題を付けられてダイヤモンド社から1998年に復刊。
『会社という概念』(東洋経済新報社、1966年) - 1946年著作。「事業部制」など企業の組織戦略について分権化の概念を提唱。
『現代大企業論(上・下)』(未來社、1966年)
『経営哲学』(日本経営出版会、1966年)
『経営者の条件』(ダイヤモンド社、1966年)
『ドラッカー経営名言集』(ダイヤモンド社、1967年)
『知識時代のイメージ――人間主体社会を考える』(ダイヤモンド社、1969年)
『断絶の時代――来たるべき知識社会の構想』(ダイヤモンド社、1969年) - 知識社会の到来、起業家の時代、経済のグローバル化などを予言。1980年代にイギリスのサッチャー政権が推し進めた民営化政策はこの著書が大きな動機を与えたといわれる。
『知識社会への対話』(日本事務能率協会、1970年)
『マネジメント――課題・責任・実践』(ダイヤモンド社、1974年)
『見えざる革命――来たるべき高齢化社会の衝撃』(ダイヤモンド社、1976年) - 高齢化社会の行く末を暗示。『年金基金社会主義』なる造語が使われている。
『企業の革新』(ダイヤモンド社、1978年)
『イノベーションと企業家精神――実践と原理』(ダイヤモンド社、1985年)
『新しい現実――政府と政治、経済とビジネス、社会および世界観にいま何がおこっているか』(ダイヤモンド社、1989年)
『非営利組織の経営――原理と実践』(ダイヤモンド社、1991年) - 非営利(NPO)組織の台頭を予告。その衰退をふせぐ方策にも言及。
「未来企業―生き残る組織の条件」(ダイヤモンド社、1992年)
『ポスト資本主義社会――21世紀の組織と人間はどう変わるか』(ダイヤモンド社、1993年)
『未来への決断――大転換期のサバイバル・マニュアル』(ダイヤモンド社、1995年)
『明日を支配するもの――21世紀のマネジメント革命』(ダイヤモンド社、1999年)
『プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか』(ダイヤモンド社、2000年)
『チェンジ・リーダーの条件――みずから変化をつくりだせ!』(ダイヤモンド社、2000年)
『イノベーターの条件――社会の絆をいかに創造するか』(ダイヤモンド社, 2000年)
『ネクスト・ソサエティ――歴史が見たことのない未来がはじまる』(ダイヤモンド社、2002年)
『実践する経営者――成果をあげる知恵と行動』(ダイヤモンド社、2004年)
『企業とは何か――その社会的な使命』(ダイヤモンド社、2005年) - 1946年著作『会社という概念』の新訳。
『テクノロジストの条件――はじめて読むドラッカー』(ダイヤモンド社、2005年)
『ドラッカー20世紀を生きて――私の履歴書』(日本経済新聞社、2005年)
『ドラッカー――365の金言』(ダイヤモンド社、2005年)
『ドラッカーの遺言』(講談社、2006年)
『ドラッカー わが軌跡』(ダイヤモンド社、2006年) - 自伝『傍観者の時代』の新訳。ピーターが生涯知り合ったさまざまな人物とその人生およびその時代背景を丁寧に描いた作品。主な登場人物にはフロイトやGM中興の祖スローン、雑誌『TIME Life』の創刊者ヘンリー・ルースなどがいる。ピーターの時代に対する優れた洞察力と人物描写が光る秀作。

 




関連記事

  1. 太陽光発電のイラスト
  2. 太陽電池の変換効率
  3. 太陽光発電の仕組み
  4. 電気自動車、アイミーブ(i-MiEV)とは
  5. ゴルフグリップの握り方
  6. 騰落レシオと株価動向
  7. 世界遺産 タージマハル
  8. 心に残った言葉-稲盛和夫
  9. 徳川家康の名言といえば、「人の一生は重荷を‥
  10. 双葉山の名言、「我はまだ木鶏たりえず」
  11. つもり違いの10ヵ条は名言だね
  12. 急がば廻れ とはよく言うが、‥‥
  13. 「継続は力なり」の英訳は??
  14. 人それぞれの役割とは:宇佐元恭一の雨ニモマケズ を聴きながら
  15. 性善説の人生哲学『菜根譚(さいこんたん)』
  16. 少年よ大志を抱け
  17. 祇園精舎の鐘の声‥
  18. 四十にして惑わず。
  19. ケセラセラでTake it easy
  20. 「してみせて 言って聞かせて させてみる」
  21. "使える"古典、50選:座右の古典
  22. 安藤宏基の名言・格言(日清食品社長)
  23. ドラッカーの名言とは
  24. ドラッカーによる組織のマネジメント
  25. ピース又吉の新作は小説なのか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドラッカーによる組織のマネジメント

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/437

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP