小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

前立腺肥大症の症状とは



前立腺肥大症とは

前立腺肥大症は高齢の男性によく見られる病気。

知っていますか?

男性特有の前立腺が大きくなって尿の通り道を圧迫してしまう病気です。

尿道周囲に小さなしこりのようなものができ、それが徐々に大きくなって

尿道を圧迫するわけです。

 

前立腺肥大症の主な症状は?

第1期
・頻尿
・尿意切迫感
・尿道や股間の不快感、圧迫感

第2期
・尿がでにくい
・残尿感
・いきまないと排尿できない

第3期
・自分ではほとんど排尿できない
・尿がだらだらと漏れる

 

 

前立腺から分泌される前立腺液は精液の構成成分で、体外に射精された精液中の精子を保護しエネルギーを補充する働きがある。年齢とともに生殖能力が必要でなくなるために、前立腺は萎縮するか肥大するかの二者択一の道を選ぶ。

昭和30年代(1955年代)ごろまでは、日本人男性のほとんどが前立腺は萎縮の経過をたどっていた。ところが、食生活の向上・欧米化により、現在では80歳までに日本人男性の80%が前立腺肥大症になるといわれている。

前立腺とは:(ぜんりつせん, prostate gland)は器官の一つで、男性のみに存在する生殖器。膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在、精嚢(せいのう)が隣接。クルミほどの大きさで、重さは数グラム。女性の膣上壁に位置するスキーン腺と呼ばれる分泌線は、男性の前立腺に相同である。

 




関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 前立腺肥大症の症状とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/392

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP