小倉で働く次長さんの後楽のおはなし


ゴルフで大事なグリップの握り方



ゴルフで大事なグリップの握り方

どんなスポーツでもそれなりの基本があって、
その基本がマスターできれば上達も早い。

当然、ゴルフも例外ではなくて、
グリップの握り方は基本の基本。

ところが、悲しいかな、素人はそれを知らない。
草野球の経験があれば、バットを握るような感覚で
ゴルフクラブを握ってしまう。

インターロッキングなんて教えられても
全く握れないし、違和感だらけでスウィングもできない。

ボーンゴルファは小さいころから父親にそのあたりを
しっかりを仕込まれているから苦労が少ないということか。

ゴルフにかぎらないよね。
テニスもそうだし、
小さい頃に基本を教わっているかどうかは非常に大きい。
と、思う。

さて、話は、ゴルフクラブをいかに握るかに戻って‥

素人でもそれないりに上達してくると、
ある程度の基本がないと、それ以降の上達がむずかしいのかな。

というわけで、まずはグリップの握り方。
いまさらかよ! そうです。いまさらなんです。

いろいろと調べると、グリップに3種類程度あることが
わかる。

(1)ストロング・グリップ(フックグリップ)
(2)ニュートラル・グリップ(スクエアグリップ)
(3)ウィーク・グリップ(スライスグリップ)

右手の親指と人差し指が作るV字の方向で判断するらしい。
http://www.mamejiten.com/golf/dev/017.htm

・V が右肩を指すようであれば ストロング・グリップ
・V が顎 (アゴ) を指せば ニュートラル・グリップ
 (左手の甲がターゲット方向に向いている)
・V が左肩を指すようであれば ウィーク・グリップ
 (左手の甲がやや上を向いている)

ちなみに、フックグリップはストロンググリップとも呼ばれ、
3つのグリップの中で一番力を出しやすい握り方とか。
右手が支える形であるため、スイングでは右手の力が入りやすい。
素人はこのグリップが握りやすい。

さらに、石川遼選手のグリップはスクエア感の強いグリップとか。
(左手の甲がターゲット方向に向いている)


 





TOPPAGE  TOP