小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

Photoshopの種類について




Photoshopの種類について

たしかに、Photoshopっていろいろ種類があって
何を購入すればよいのか迷ってしまうよね。

それで、

「Photoshop」、「種類」と検索してみると

やはり同じ悩みをもっている人がいるようで‥


ベストアンサーは明快ですね。

「Photoshop」には主に2種類しかありません。
Photoshopと呼ばれるフルバージョンと、機能制限板のPhotoshopElementsです。
それらの名前に付いているCS2だの5.0だのというのは発売順のバージョン名で、
新規購入する場合はそれらの最新版しか販売されていません。

なるほど、そうだったのか‥

ここからが少し専門的でむずかしいのですが、

オフセット印刷のポストカードやポスターにしたいというのなら、
CMYK画像が扱えるPhotoshopCS2を買うべきです。

一般的にデジカメ画像やネット用画像だけに使われている
RGBカラーの画像を、DTP印刷用にするためには
RGB画像をCMYKに変換しなくてはなりませんが、
これができるのはPhotoshopCS2しかできません。


ためになりますね。

しかし、あなたが描いたイラストをネットで公開するだけで良いのなら
RGBカラーの画像しか扱いませんから、
PhotoshopElements5.0(Mac版は4.0)で十分です。


少し、賢くなりました。

 


 




関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Photoshopの種類について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/531

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP