小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

宝くじ当選番号

年末ジャンボの当選番号と当選者数

まずは、年末ジャンボ2009の当選番号から

 

第573回全国自治宝くじ(年末ジャンボ)年末ジャンボ宝くじ

第573回全国自治宝くじ当せん番号

抽せん日:平成21年12月31日

会場:東京厚生年金会館

支払期間:平成22年1月5日から平成23年1月4日まで

等級 当せん金額 組 番号
1等 2億円 32組 138339番
1等の前後賞 5000万円   1等の前後の番号
1等の組違い賞 10万円   1等の組違い同番号
2等 1億円 97組 100069番
2等 1億円 23組 165494番
3等 500万円 組下1ケタ6組 185753番
4等 10万円 各組共通 113423番
4等 10万円 各組共通 113593番
4等 10万円 各組共通 132049番
4等 10万円 各組共通 141259番
4等 10万円 各組共通 176604番
4等 10万円 各組共通 166406番
5等 1万円 下3ケタ 283番
6等 3000円 下2ケタ 52番
7等 300円 下1ケタ 9番
元気に2010年賞 100万円 各組共通 195723番

 

いかがでしたか?

 

それから、たとえば、CMなんかで億万長者が200名とか

なんとか宣伝していますが、なぜって?いう疑問ないですか?

 

調べてみました。

 

実は、宝くじには、ユニット番号というものがあります。

今回、購入した宝くじを見てくだい。

組数の上に、ユニット11などの記載があると思います。

 

この、1ユニットについて、1000万枚といことらしいです。

年末ジャンボなどでは、70ユニットほど(つまり7億枚)ほどが

販売されます。1ユニットについて、1等が1名、2等が2名の合計3名。

(ここでは、前後賞は省略するとして)

したがって、70ユニットになると、70x3名=210名

ただし、70ユニットが完売するかどうかはわからないので、

当選者の数は、約ということですが。

 

東京、大阪の有名な宝くじ販売店では、1ユニット以上を販売するので

必ず、当選者がでることになるとか。

地方では購入してもむなしいわけか‥

 

 



Page: 1

TOPPAGE  TOP