小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

徳川家康の名言「人の一生は」とは?

徳川家康の名言「人の一生は」といえば、真っ先に思い浮かぶのが この名言です。

徳川家康の名言「人の一生は」

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。

(東照公御遺訓)


徳川家康(1) 出生乱離の巻【電子書籍】[ 山岡荘八 ]



竹千代(家康)が生まれた年、
信玄は22歳、謙信は13歳、信長は9歳であった。

動乱期の英傑が天下制覇の夢を抱くさなかの誕生。
それは弱小松平党にとっては希望の星であった--

剛毅と希望を兼ね備えて泰平の世を拓いた名将家康の生涯を描いて、
現代人の心に永遠の感動を刻む世紀のベストセラーの発端篇!

徳川家康 兜ケース飾り 木製弓太刀付 五月人形



五月人形 12号徳川兜ケース飾りYN30327GKC 徳川家康 兜ケース飾り
木製弓太刀付 五月人形ケース 兜飾り カブト kabuto
価格29,800円 (税込) 送料別




TOP

つもり違いの10ヵ条は名言だね

触媒というものがあるらしい。
自分自身は変化しないが、反応系の中に存在するだけで、
驚くほど、反応の活性を向上させる働きをもっているとか。

人は、生まれたばかりのときには、親にも制御できないような
活性をもっているために、夜中に泣き止まず、周囲の人を悩ませてしまう。
でも、これ、当たり前。

そして、年齢とともに、活性は磨きがかかり、
その人の得意分野で、働くと、歴史に名を残すような人物となる。

つもり違いの10ヵ条という名言がある。
出典を調べたが、よくわからない。
ご存知の方がおられたら、是非、‥

1 : 高いつもりで低いのは「教養」
2 : 低いつもりで高いのは「気位」
3 : 深いつもりで浅いのは「知識」
4 : 浅いつもりで深いのは「欲」
5 : 厚いつもりで薄いのは「人情」
6 : 薄いつもりで厚いのは「面の皮」
7 : 強いつもりで弱いのは「根性」
8 : 弱いつもりで強いのは「我」
9 : 多いつもりで少ないのは「分別」
10 : 少ないつもりで多いのは「無駄」

出典:「心の生産性ーやりがいと生きがいの創生ー」岩永充三・遠藤武男
日本教育新聞社 出版局、p213

黒田官兵衛の辞世の句「おもひおく、言の葉なくて

個人的に、とても好きな戦国武将のひとりです。

黒田 孝高 / 黒田 如水(くろだ よしたか / くろだ じょすい)は、
戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。
孝高は諱で通称の「官兵衛」や出家後の「如水」の号で有名。
豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉など
に活躍した。竹中重治(半兵衛)と双璧をなす秀吉の参謀であり、
後世に「両兵衛」「二兵衛」と称された。
キリシタン大名でもあった。子に黒田長政がいる。

遺訓として「人に媚びず、富貴を望まず」がある。
当時は当たり前にあった主君のために家臣が追腹を切る事を禁止した。

黒田官兵衛の辞世の句

「おもひおく、言の葉なくて、つひにゆく、みちはまよわじ、なるにまかせて」

黒田官兵衛:関連作品 小説

吉川英治『黒田如水』講談社、1943年
坂口安吾『二流の人』筑摩書房ほか、1947年
池波正太郎『武士の紋章』新潮社、1968年
司馬遼太郎『播磨灘物語』講談社ほか、1975年
松本清張『軍師の境遇』角川書店、1987年
岳宏一郎『群雲、賎ケ岳へ』光文社、1994年、
後に『軍師官兵衛 上・下』と改題、講談社
童門冬二『黒田如水』小学館、1995年
安部龍太郎『風の如く 水の如く』集英社、1996年
浜野卓也『黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器』PHP研究所、1996年
火坂雅志『軍師の門』角川学芸出版、2008年





TOP

Gipsy Kings - マイ・ウェイ (A Mi Manera) Youtube

Gipsy Kingsのマイ・ウェイもやみつきになります。
マイ・ウェイ (A Mi Manera) -
NHKドラマ『バブル』主題歌(2001年)、
UCC上島珈琲「COFFEE LOVER's PLANET」CMテーマソング(2016年)


My Way  Frank Sinatra

And now, the end is near;
And so I face the final curtain.
My friend, I'll say it clear,
I'll state my case, of which I'm certain.
I've lived a life that's full.
I've traveled each and ev'ry highway;
But more, much more than this,
I did it my way.





⇒ マイウェイMy Way(Frank Sinatra)歌詞と和訳

 

 


TOPPAGE  TOP