小倉で働く次長さんの後楽のおはなし


急がば廻れ とはよく言うが、‥‥



急がば廻れ とはよく言うが、‥‥

あせっている人に、そんな言葉は通用しない と思う。

なぜ、あせっているのか?

それは、無論、結果がほしいからです。

少しでも早く結果がほしい。

だから、本当に効果があるかどうかわからない

本当はあんまり効果はないと思いながら、

ゆっくりと落ち着いて考えることをしない のかも。

でも、そのときは、たとえ、じっくり考えたとしても

最良の方法の50%にもならないかもしれない。

急いで、とにかく、近道して、

動いて、動いて、動いて、

その結果、やっぱり、ダメだと気付いて、初めて

急がば廻れ ということがわかってくる。

それは、無駄にはなったかもしれないけど、

動いて、動いて、動いて、 を続けたことで、

最良の方法が見えてくることがあるからではないか。

失敗を繰り返すことで、より効果的な方法が見えてくる。

そうなって、やっと、急がば廻れ、なんだということが

少し、わかってくる。(と思っている)

 

ちなみに、

英訳は、Haste makes waste. 「あわてると無駄になる」の意味。

Make haste slowly.という言い方もあるとか。



アルクには、次のような例文が載っていました。

It may seem like a hassle, but I think you ought to go back to the basics and start over. Haste makes waste, they say. 
 

面倒なようでも、基本に立ち返って検討し直したらどうだろう。急がば 廻れ、というじゃない。

 

「PR] 銀座で通える英会話スクールの無料体験

 





TOPPAGE  TOP