小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

少年よ大志を抱け



少年よ大志を抱け。

なんとなれば、

少年は老い易すく、学成り難し、がゆえに

なぜ、クラークはそう叫んだのか?

いまさらだが、その気持ちがわかるようになってきた。

 

くりかえしだが、

少年は老い易すく、学成り難し

 

若いうちは、決してわからない。

残念ながら。

 

話は変わるが、金 美齢さんがいっていた。

大切なのは、身に着けている教養だと。

上に立つ人物に最低限、必要なものは教養だと。

 

金 美齢(きん びれい、1934年(昭和9年)2月7日 - )は、
台湾人の評論家、学校法人柴永国際学園JET日本語学校理事長、
元中華民国総統府国策顧問。夫は元東京理科大学教授の周英明。
長年台湾独立運動に関わり、日本国内で台湾の主張を前面に
押し出した活動を展開。台湾に対して様々な圧力をかけ続けている
中華人民共和国に対しては常に厳しい批判を続けている。

[編集] 著作
『日本ほど格差のない国はありません』(ワック出版、ISBN 9784898315583)2006年
『日本人の覚悟』(ワック出版、ISBN 9784898315651)2007年
『夫婦純愛』(小学館、ISBN 9784093877473)2007年
『日本は世界で一番夢も希望もある国です!』(PHP研究所、ISBN 9784569692012)2007年
『戦後日本人の忘れもの』(ワック出版、ISBN 9784898315767) 2008年

 

 

おすすめ読書:金 美齢

 

 





TOPPAGE  TOP