小倉で働く次長さんの後楽のおはなし

祇園精舎の鐘の声‥



すべては必然か?
良いこと、悪いこと、なにもかも必然なのかもしれない。
それに、良いとか悪いとかいっても、
宇宙的に考えると、そんな判断基準はそもそも
ないのかもしれない。

人間が勝手にそうした基準を設定しただけでね。

祇園精舎は、中インドのシュラーヴァスティー(舎衛城)にあった寺院で、
釈迦が説法を行ったとされる場所で、
天竺五精舎(釈迦在世にあった5つの寺院)の一つとのこと。

天竺か~、孫悟空の世界か~

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ

 

 

ちなみに、

天竺(てんじく)とはインドの旧名。西遊記などでゴールとされている
天竺とはこのことである。

現在のインドに相当すると言っても、昔の呼称なので
正確に対応するわけではない。漠然と南アジアを指すと
言うのが良いのかもしれない。


さあ、今週は、津路クリニックへ行くかな

ファイト!!

 

 





TOPPAGE  TOP