マンモグラフィー検査の痛みは?

マンモグラフィー検査の痛みは?

調べてみました。

撮影方法
受診者は、上半身裸で装置の前に立ち、乳房を装置の撮影台に載せる。
装置には圧迫板とよばれるプラスチックの板があり、
これが乳房を強く撮影台に押さえつけて厚さ4~5cm程度まで圧迫する
(このため、乳房に張りのある女性は若干苦痛を感じることもある)。

若干の痛みがあるようです。

でも心配なにのでは?

さて、

マンモグラフィー(mammography)は、乳癌の早期発見のために
人の乳房をX線撮影する手法、またそのための乳房X線撮影装置のこと。
mammographyとは、「乳房」+「画像」から作られた造語である。

4回ものX線曝射が必要となり、また決して快適とは言えない状態(乳房の圧迫)であるため、
短時間で、できるだけ被曝を少なくするように工夫されている。
撮影対象が軟部のみなので、X線の波長・エネルギーの最適値も一般撮影(主に骨格)
とは大きく異なり、たとえばX線管の管電圧も一般が100kV前後であるのに対し、
マンモ撮影では25-35kV程度となっている。 被曝量は、通常0.05~0.15ミリシーベルト
あるいはそれ以下となっている。このような低い線量でも鮮明に撮影できるよう、
早くからデジタル化(コンピューテッドラジオグラフィー)が進んだ分野でもある


世界的には、アメリカ放射線学会(ARC)の勧告がデファクトスタンダードとして
利用されており、日本の精中委の教育内容や基準には、ARCのものを参考に
ローカライズされたものが見受けられる。

なるほど。





TOPPAGE  TOP 
RSS2.0