メソセラピー注射の中身

メソセラピー注射の中身

メソセラピーは薬を注射して脂肪を溶かす痩身法らしい、ということは知られていると思いますが、脂肪を溶かす薬って何?とそこまで知っている人は少ないかもしれません。
もともと医療技術として開発されたメソセラピーは、その目的によって注入する薬剤の内容物は異なります。


美容痩身目的でのメソセラピーでは、脂肪溶解注射として、部分的に痩身したりセルライトを除去することが目的です。
脂肪溶解剤として、大豆に含まれるレシチンと呼ばれるアミノ酸の一種を使います。
レシチンには、脂肪を乳化させて溶かす働きがあるため、それを脂肪溶解剤として利用しています。


メソセラピーで用いられる脂肪溶解剤は大豆由来の自然素材ですので、安心だと言えます。
これは高脂血症の治療にも使われているそうです。
しかし、大豆アレルギーを持っている人は、残念ながらメソセラピー注射を受けることができません。


メソセラピーの開発によって、口から飲む薬や塗り薬など皮膚表面からでは吸収が難しい薬を、細い針によってからだの中に直接注入することが出来るようになりました。


これは、すばらしい技術で、私たちの健康や美容にも大きな影響を与えることとなっています。
しかし、薬を直接注入できるということは、それだけ自分のからだへの影響力も大きくなるわけです。


たとえ安全と言われている薬剤でも、その内容物を何も知らずに注射を受けるのは、ちょっと怖い気がします。
どの成分がどう安全なのかという説明をしっかり受けておけば、納得もできますね。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0