メソセラピーと脂肪吸引

メソセラピーと脂肪吸引

現在においてもっとも確実な痩身法のひとつと言われる脂肪吸引。
施術のリスクや手軽さの比較などから、メソセラピーの宣伝によく引き合わされている方法ですが、実際脂肪吸引はどのように行なわれるのでしょうか。

メソセラピーでは注射器を使用しますが、脂肪吸引ではカニューレと呼ばれる直径2mmから4mmの管が使われます。
そのカニューレの先端にはいくつかの穴が開いており、その管を脂肪層の中に挿入します。
カニューレの吸引圧により、先端の穴に脂肪組織が入り込み、カニューレを前後に動かすことで脂肪が切り取られ、吸引されます。
脂肪吸引することにより、同時に毛細血管も吸い取られますが、皮下脂肪がなくなった部分にその毛細血管は必要なくなりますので、脂肪と一緒に吸引されるものに対しては心配いりません。

一度の吸引で取り除ける脂肪の量は3000~4500ccと言われています。
効果としては、通常つまめる脂肪の厚さが3分の1程度になるそうです。
手術後の痛みは、数日間は鈍い痛みがあるようですが、1週間ほどで痛みはなくなります。
また、一般的に手術後3日間のテーピングが必要で、多少からだが動きづらくなります。
仕事をしている人は、手術後に3日ほどのお休みがとれるとよいと思います。
また、脂肪吸引の適齢ですが、30歳までと言われているようです。
これは、年齢の高い人がたくさんの脂肪を取り除いてしまうと、後に必ずたるみが生じてしまうためだそうです。

メソセラピーを希望している人も、ぜひ比較対象とされる脂肪吸引についても知っておきましょう。


Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0