口腔内の乳酸菌

口腔内の乳酸菌

口腔内の乳酸菌


乳酸菌のうち、特にラクトバシラス属とビフィドバクテリウム属は、
ヒトの消化管内や女性の膣内に常在し、常在細菌叢(じょうざいさいきんそう)の一部を成しています。

これらの乳酸菌は、口腔内のう蝕を除いて直接ヒトの病気の原因になることはなく、
むしろ生体にとって有益になるバリヤーとして機能していると考えられているため、
乳酸菌は「善玉菌」と表現される場合もあるです。

ただし、極めて稀な例だが、乳酸菌血症などの感染症の原因になる例も報告されています。

口腔内の乳酸菌 [編集]ヒトの口腔内には多くの細菌が生息しますが、
Lactobacillus属も多く生息しています。

主なものとしては、L. oris、L. casei、L. salivarius、L. brevisなどです。
このLactobacillus属はう蝕(いわゆる虫歯)の発生に関与するとされています。


1889年に歯科医師のMillerが『ヒト口腔の微生物』という研究書を出版してから
20世紀半ばまで、乳酸桿菌が齲蝕の主たる原因とされていましたふが、
現在では乳酸を産生する能力は高いものの、歯面への付着能力が低く、
プラーク中の菌数は少ないため、齲蝕原性は強くなく(主因では無い)、
齲蝕の進行を促進するものであるとされています。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0