乳酸菌とは

乳酸菌とは乳酸を生成する細菌類の総称

乳酸菌とは乳酸を生成する細菌類の総称


乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称です。
ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与します。
一部の乳酸菌は腸などの消化管(腸内細菌)や膣の内に常在して、
他の病原微生物から生体を守り、
恒常性維持に役立っていると考えられているです。

乳酸菌という名称は、細菌の生物学的な分類上の特定の菌種を指すものではなく、
その性状に対して名付けられたものです。
発酵によって糖類から多量の乳酸を産生し、かつ、悪臭の原因になるような
腐敗物質を作らないものが、一般に乳酸菌と呼ばれます。
乳酸菌は、その発酵の様式から、乳酸のみを最終産物として作り出すホモ乳酸菌と、
アルコールや酢酸[要出典]など乳酸以外のものを同時に産生するヘテロ乳酸菌に分類されます。



一般に、乳酸菌と呼ばれて利用されることが多い代表的な細菌には、
以下の6属が挙げられます。いずれも発酵によって多量の乳酸を産生するだけでなく、
比較的低いpH条件下でよく増殖します。これらの菌にとって乳酸は発酵の最終産物であると同時に、
それを作り出して環境を酸性に変えることで他の微生物の繁殖を抑え、
自分自身の増殖に有利に導く役割を持つと考えられているのです。


ラクトバシラス属
ビフィドバクテリウム属
エンテロコッカス属
ラクトコッカス属
ペディオコッカス属
リューコノストック属

 



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0