メニュー

敏感肌、アトピー肌にやさしいおすすめの洗濯洗剤

敏感肌だしアトピーを持っているので
体に優しい洗濯洗剤が使いたい!

子供(赤ちゃん)やペットがいるので
安全なおすすめの洗濯洗剤を探している!

残留農薬を洗い流せる、
野菜や果物を洗える洗剤がほしい!

ドラム式洗濯機だと、洗浄不足やすすぎ不足が元で
肌荒れすることがある!

そんなみんさんの声から生まれた
人のアトピー肌にも環境にも優しい
万能洗濯洗剤エコポポラのご紹介です。

なぜ、おすすめの洗濯洗剤なのか?人にも環境にも優しいのか??

 環境に悪影響を及ぼす合成界面活性剤ゼロ!

 漂白剤ゼロ!

 蛍光剤ゼロ!


万能洗濯洗剤エコポポラの成分は以下の3つだけです。

●汚れを落とすマイナスイオン水
水にマイナスイオンをミクロの気泡と共に
特殊な装置で送り続けることで水にヒドロキシルイオンが発生し、
水でありながら界面活性作用を持った浸透力のある
洗浄力をもった水になります。

●ミネラル成分メタケイ酸ナトリウム
名前を聞くとなにか危険な物質に思えますが、
このメタケイ酸の別名は水ガラスといわれ
なんと温泉成分の一つでたんぱく質に作用します。
だからメタケイ酸を含む温泉はお肌をツルツルにします。
古来より石鹸に使用され、油を解けやすくする効果があることから
そのパワーで洗浄力がアップします。

●オレンジエキスD-リモネン
オレンジの皮には小さなつぶつぶがあるのをご存知ですよね。
このツブツブの中に含まれるD-リモネンという成分を油を溶かし
汚れを落とす効果があるのです。
天然成分なので環境に優しいということは
おわかりいただけるかと思います。


残留農薬を洗う洗剤をお探しなら【人と環境に優しい エコポポラ】

TOP


人に優しいエコポポラの特徴

30倍に希釈すると野菜などの食品の洗浄が可能
界面活性剤ゼロなので子供(赤ちゃん)やペットに優しい
希釈する水を選びません。
微生物分解に関与しないので、水質を汚染しません。
泡がでないので、すすぎが早く経済的



アトピー肌に優しい洗濯洗剤エコポポラの上手な使い方

エコポポラは希釈タイプの洗濯洗浄剤。だから、とっても経済的。
お掃除箇所の汚れ具合や場所によって希釈倍率を変えてお使いください。

基本的な使い方

スプレーで吹きかけ、必ず固くしぼった雑巾、スポンジなどで拭き取ってください。
汚れが強い場合は、つけ置きした方が落ちやすくなります。
また、お湯で希釈し、液が温かいとさらに効果があります。

用途の多い5倍希釈の場合、スプレーボトル約50本も作れて、とっても経済的!

食器など調理器具の場合

食器はつけ置き洗いしてください。
つけ置き洗いの後、ふきんでこすり、その後必ず5秒以上すすいでください。

洗濯で使用する場合

水30リットルに対して10cc~20ccの原液を投入後、
通常通り洗濯してください。しつこい汚れは直接20~30倍希釈液をスプレー後、
洗濯槽にお入れください。

野菜洗いの場合

30倍に希釈した容器の中へ野菜やフルーツを15分ほど浸し、その後
流水ですすいでください。流水で10秒以上はすすいでください。
長時間のつけ置きはしないでください。



残留農薬を洗う洗剤をお探しなら【人と環境に優しい エコポポラ】

TOP

子ども♪アレルギー アトピー性皮膚炎

子ども♪アレルギー アトピー性皮膚炎・
食物アレルギー・ぜんそく [ 大矢 幸弘 ]
1,944円(税込)送料無料


子どものアレルギー アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・ぜんそく [ 大矢 幸弘 ]

子ども♪アレルギー アトピー性皮膚炎 口コミ

アレルギーについて勉強している人なら、
この本に載っている程度のことはもう知っているかな、という感じです。
最新の情報が知りたくて購入しましたが、
特に真新しいことは書いていなくて残念でした。
字ばかりでイラスト等は少ないので、そういうのが苦手な方は注意です。

最新研究で分かった、食物アレルギー予防のポイントや
治療のコツ、家庭でのケアも掲載したアレルギー対策の決定版!

日本では、3歳までに16.5%の子どもが食物アレルギーと診断されており、
アトピー性皮膚炎やぜんそくの子どもも多く存在します。

本書は、日本で最大の小児科病院である
国立成育医療研究センターのアレルギー科で、
日夜、多くのアレルギー疾患をもつ子どもたちの
治療にあたる医師たち自らが執筆しています。

同病院は、多くの子どものアレルギー治療に成功するとともに、
研究分野でも日本のアレルギー医療をリードする病院でもあります。

食物アレルギー予防についての研究を行い、
発症率を8割も減少させるなど、
目覚しい成果をあげています。

世界中で行われた研究の結果、現在、アレルギーの出発点として
もっとも重要だと考えられているのが、皮膚のケアです。
食物アレルギーの引き金としても注目されるアトピー性皮膚炎の
効果的な治療法はもちろん、
ぜんそくをコントロールする方法や、食物アレルギーの予防と治療、
また、近年、増加している新生児・乳児消化管アレルギーなども
網羅した、アレルギー対策の決定版です。

家庭や学校での生活で気をつけること、
よくある素朴な疑問への答えなども掲載しています。

お子さんのアレルギー治療に悩む方、
これからお子さんを育てるにあたり、予防法を知っておきたい方、
そして、医療関係者や保健関係者にもおすすめの一冊です。

●内容情報
最新研究でわかった、食物アレルギー予防のポイントや
治療のコツなども掲載したアレルギー対策の決定版!!

●目次
第1章 やさしくわかる アレルギーのしくみと予防/
第2章 とことん解説1 アトピー性皮膚炎/
第3章 とことん解説2 食物アレルギー/
第4章 とことん解説3 ぜんそく/
第5章 これで安心 日常生活について/
第6章 知っておきたい1 その他アレルギー/
第7章 知っておきたい2 よくある質問Q&A

●著者情報
大矢幸弘(オオヤユキヒロ)
国立成育医療研究センター・生体防御系内科部アレルギー科医長。
1985年、名古屋大学医学部卒。名古屋大学医学部附属病院小児科、
国立名古屋病院小児科、国立小児病院アレルギー科などを経て、
2002年から国立成育医療センター第一専門診療部アレルギー科医長、
2015年に国立研究開発法人への改組を経て現在に至る。
日本小児科学会および日本アレルギー学会の専門医・指導医。
小児アレルギー疾患(気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、
食物アレルギー、消化管アレルギー)のガイドライン作成に
委員として関わっている

五十嵐隆(イガラシタカシ)
国立研究開発法人国立成育医療研究センター理事長




TOP


関連記事


TOPPAGE  TOP