ふるさと納税とは

 ふるさと納税という制度、知ってますか?。

ふるさと納税は、市区町村から都道府県まで、
全国の自治体の中の応援したい自治体に寄附金を送ることができる制度です。

ちょっとした手間でとんでもなく得をするらしいのですが、
どうすれば、何をもらえて、どれだけ得をするのか?
消費増税分を取り戻すスーパー“節税”メソッドとはなになのか?

じっくり調べてみました。




ふるさと納税とは、納税者が居住地以外の都道府県や市区町村に寄付をすると、
寄付のうちの2000円を超える部分について一定の上限まで所得税・住民税から全額控除され、
なおかつふるさと納税した多くの自治体から特産品が届く制度だ。

 この制度は2008年、都市部と地方の自治体の税収格差是正を目的に創設され、
東日本大震災で被災した自治体に、これを活用して多額の寄付金が寄せられたことで浸透した。

 寄付金額に応じて特典を設けている自治体のホームページを見ると、
野菜や果物、米、肉、海産物、飲料、工芸品など、地域の特産品がずらりと並び、さながらお取り寄せグルメだ。

 例えば茨城県石岡市に1万円を寄付すると、地元銘柄豚「弓豚」の焼き肉・しゃぶしゃぶ用2キログラムや
巨峰4キログラム(約7房)など50品目以上から1つが選べる。今年度の受け付けは終了しているが、
長野県阿南町は太っ腹で、1万円の寄付で20キログラムもの米が送られてくる。
以上、http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140817-00013195-president-bus_all


 


楽天ふるさと納税とは

実は楽天ふるさと納税があります。
楽天市場を経由してふるさと納税を行うことが出来るのです。

ふるさと納税を行えるサイトはインターネット上にいくつもありますが、
楽天ふるさと納税を利用する最大のメリットは「ポイントの2重取りができる」ことです。

⇒ 楽天ふるさと納税:詳細ページ

楽天ふるさと納税ではふるさと納税の寄附も
大感謝祭の買いまわり対象となります!この機会に是非寄附をしてみませんか?

ふるさと納税では、上手に活用すれば「60,000円の寄附をして、
58,000円の控除」というように、実質2,000円の負担で地域に貢献でき、
お礼の品を受け取ることができます。







ふるさと納税の仕組みについて

2008年にスタートしたふるさと納税制度。
画期的なこの制度は話題を呼び、2013年には寄附によって
税金の控除を受けた人が10万人を超え、自治体への寄附金額は140億円以上にのぼりました。

そして、昨年2015年の税制改正では、控除の上限額が約2倍に引き上げられると共に、
「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設され、年間で5自治体までの寄附は確定申告が不要になりました。 よりメリットが大きく、便利になったふるさと納税制度は、マスコミでも取り上げられることも増え、利用者数もどんどん増加しています。





ふるさと情報いろいろ:陶淵明“雑詩”

陶淵明“雑詩”

人生根もなくへたもない      人生無根蔕
道にさまよう塵あくた       瓢如陌上塵
時の流れに身をまかすだけ     分散逐風転
しょせんこの身は常ならず     此已非常身
同じこの世に生まれりゃ兄弟    落地為兄弟
えにしは親より深いのだ      何筆骨肉親
楽しいときには歓んで       得歓当作楽
友達集めて飲もうじゃないか    斗酒聚比鄰
若いときは二度とは来ない     盛年不重来
朝が一日二度ないように      一日難再晨
生きてるうちが花ではないか    及時当勉励
歳月人を待たないぜ        歳月不待人

      <訳・川島雄三、映画監督、幕末太陽伝>







ふるさと情報いろいろ:相互リンク


TOPPAGE  TOP