メニュー

電動スクーター ヤマハ ■YAMAHA E-Vino■

 おすすめの電動スクーターはヤマハですね。

取り回しがラクな68kgの軽量ボディやサスペンションが、快適な乗り心地を実現。
ハミングするみたいに軽快に。頬をなでる風のようにスムーズに。
eのパワーで、さあ、走り出しましょう。



□特徴

静かでクリーン
ガソリンや排出ガスなどの匂いとはサヨナラ。もちろん給油のために
ガソリンスタンドへ寄る手間もありません。
また、排気音がなく周りの音が聞きやすいので静かに走りを楽しめます。

経済的
エコロジーなのはもちろん、エコノミーなのも大きな魅力。
1回の充電あたりの電気代は約14円※1。満充電での航続距離は約29km※2です。
(別売りのスペアバッテリー使用で58km)

手軽な充電
着脱式の新型50Vリチウムイオンバッテリー(重量6kg)を搭載。
充電は取り外して、室内で充電器につなぐだけ。
家庭用100V電源(2極プラグ)を使い、約3時間※3で充電できるのも魅力です。

※1:東京電力との一般的な契約(従量電灯B契約)で、バッテリー残量ゼロから満充電した場合の平均的な金額です。
※2:30km/h定地テスト値(標準モード)、乗員55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風の条件下での数値です。
※3:バッテリー新品、バッテリー残量ゼロから満充電した場合。充電時間は充電環境に左右されます。必ず室内で充電してください。最適な環境温度は15℃〜25℃です。

 

TOP

未来型 電動スケートバランスボード

 未来型 電動スケートバランスボードのご紹介です。

最新技術のジャイロスコープコントロールテック搭載のバランスホイールボード。
体の重心移動によってアクセルやブレーキ操作ができる電動立ち乗り二輪車です。
体重20~100kgまでなら、子供から大人まで一緒に楽しめますので誰でも簡単操作で、
体のバランス能力を上げながら狭い道でも簡単に移動ができます。
LEDフットライトが走行中の足元を照らすので、より安全確認がしやすくなります。

持ち運びに便利な収納移動用バッグケース付属なので、収納して電車や車で持ち運べます。



物には満足、商品ページに不満足
送料無料とあり、あす楽についてはデカデカと広告してあるが、
特に北海道は別とは明確に示されておらず、下へスクロールすると
小さな文字で書いてありました。
気づかずに注文したあとに、送料は別料金です。了解いただけますか?とのメール。
はっきり言って不満足です。
商品については、特に故障することも今のところなく、家族全員大満足です。
日本語の説明書があればもっとよかったのですが。

TOP

電動キックボード型スクーターサドル付き

電動キックボード型スクーターサドル付き 次世代電動スケボー
折りたたみ可能 (8インチタイヤ)H03 GO-X6b

スマートデザインの折り畳み式電動キックボード型スクーター!
簡単組立てですぐ使えるので旅行先や広い敷地内等で大活躍!
サドルに座って手元操作でアクセル&ブレーキ操作ができます。
未来的な乗り物で快適な走行を楽しめる電動スクーターです。



・好きな場所へ持ち運び楽しめる折り畳み式スクーター。
 収納時はサドルを抜けばとハンドルごと簡単にを収納できてコンパクト!
・座りながらアクセルを操作するだけで簡単に発進します。
 手元にブレーキがあり、一時停止には両足でバランスを取れます。

□本体性能
最大時速:25-30km/h(3段階のスピード設定可能)
一回充電走行距離:30-40km
充電時間:4時間
最大荷重:120kg

 

TOP

電動スクーターの価格と性能

たしかに、2010年は電動スクーターがやばそう!
ハイブリッド自動車も人気だが、電動スクーターも
きっと、流行るにちがいない。

電動スクーターはガソリンモデルより走行コストが安く、
4分の1以下で済むといわれる。
エンジンや排気管がないので、メンテナンスがラク。
原付免許や普通免許の保有者なら誰でも乗れる。

さて、それでは、電動スクーターをいくつか紹介してみたい。

まずは、台湾のメーカーFREE POWER ENERGY製の「FREE POWER S500」。

車体サイズは全長1520×全幅650×全高985mmで、車重は40kg
定価は29万8000円と高いが、イー・キューブでは当日返却2400円で
レンタルを行っているようだ。

走行距離はフル充電で50km程度(カタログ値)。
正極にLiFePO4(リン酸鉄リチウム)を使うリチウムイオン電池で、
コバルトを使うタイプよりも低コストなため、電気自動車や
ハイブリッド車用の次世代充電池として注目されているらしい。

次に、カー用品メーカーのプロスタッフの電動スクーター「ミレット」

通常は電気で走り、急な坂道など力が必要な場面では、
足でペダルをこいでモーターを補助する。
1回の充電で約35キロ走行。1円分の電気で約3キロ走る経済性が売り。
価格は税込み15万6900円。電池は、鉛蓄電池ブロックが
2個(約 9キロ)で、家庭の100ボルト電源で充電可能。
1円分の電気で約3キロ走る電動スクーター。


なお、ヤマハ発動機は2010年後半、ホンダは2010年中に発売とのこと。

電動スクーター、おもしろそう!

 

雨に濡れても ウクレレYoutube

この雨に濡れてもという曲がウクレレという楽器にマッチしているのでしょうか
とても気持ちよく聴くことができます。

こちらは、天然木材を使用した、初めてウクレレを手にする初心者の方にぴったりの入門ウクレレです。
お値段もお手頃です。

 

 

TOP

関連記事

  1. 日産ジュークの3ナンバーのなぞ
  2. 電気料金の計算方法
  3. 電動スクーターの価格
  4. 核酸サプリメントとは?
  5. がんを治すエピゲノム
  6. 慢性疲労症候群とは
  7. クマザサ茶の飲み方
  8. 血糖値を抑えるデキストリン
  9. LOH症候群とテストステロン
  10. 花粉症に効くヨーグルト




TOPPAGE  TOP 
RSS2.0