自律神経失調症の症状について

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう、英称:dysautonomia)とは、 交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称のことです。

自律神経失調症は、具体的は症状としては
動悸
不眠
咽のつまり
吐き気
顔ののぼせ
不安
イライラ
やる気が出ない
などの症状を引き起こします。

この病気は昭和36年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものであるが、現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多い。疾患名ではなく「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」というのが一般的な国際的理解である。

この病気は実際にはうつ病やパニック障害、過敏性腸症候群や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、原疾患が特定できない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもある。また、癌などであっても似たような症状が表れることがある。

また、原疾患を特定できない内科医が不定愁訴などの患者に対し納得させる目的でつける、と言う否定的な見解もあり、内科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科・精神科などでカウンセリング・投薬治療を受けることを勧められている。

 



自律神経失調症の治し方

残念ながら、自律神経失調症の特効薬はありませんが、それぞれの症状をやわらげるための薬を服用します。
また、症状に応じた漢方薬が処方されることもあります。
日常生活をすこやかに送るためにも、薬の力を借りることも大切です。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0