懐石は、禅僧が懐を温める石だったとか



懐石は、禅僧が懐を温める石だったとか。

茶道では、茶の前に出す、簡単な食事のこと。

 

Kaiseki refers to a heated stone that a Zen priest holds to warm the chest.

It is mainly the simple meal served before having tea at a tea ceremony.

 

 

懐石料理とは茶道の形式に則した食事の形式である。利休時代の茶会記では、茶会の食事はただ「会」とのみ記されており、本来は会席料理と同じ起源であったことが分かる。江戸時代になって茶道が理論化されるに伴い、禅宗の温石(おんじゃく)に通じる「懐石」の文字が当てられるようになった。懐石とは寒期に蛇紋岩・軽石などを火で加熱したもの、温めた蒟蒻(こんにゃく)などを布に包み懐に入れる暖房具を意味する。

「懐石」が料理に結び付く経緯は諸説ある。一に修行中の禅僧が寒さや空腹をしのぐ目的で温石を懐中に入れたことから、客人をもてなしたいが食べるものがなく、せめてもの空腹しのぎにと温めた石を渡し、客の懐に入れてもらったとする説。また老子の『徳経』(『老子道徳経』 下篇)にある被褐懐玉の玉を石に置き換えたとする説などである。
(以上、Wiki)

 

 

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 懐石は、禅僧が懐を温める石だったとか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/571

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0