ミョウバンとわきが臭い対策

臭いの問題ってちょっと神経質になりますね。

多汗症でワキガのニオイが気になったり、
足の臭い(納豆足)が気になったり、
体臭や加齢臭が気になったり、
暑い季節は、汗のニオイも気になります。

そんなとき、みなさんはどうしていますか?

実は、ミョウバンに制汗・制菌・消臭効果があることを
ご存知でしょうか?

最近では、テレビなどでもミョウバンの制菌作用が宣伝され
話題になっていますが、そもそも、このミョウバンには
染色剤や防水剤、消火剤、皮なめし剤、沈殿剤などの用途があり、
古代ローマ時代から使われていたそうです。

なぜ、このミョウバンに制汗・制菌・消臭効果があるかと
いうことなのですが‥

人の全身にはアポクリン腺と呼ばれる汗腺が分布しており、
このアポクリン腺の汗に含まれる物質を表皮の雑菌が分解することで
体臭・腋臭(わきが)臭は、発生します。

しかし、ミョウバンは水に溶けると酸性になるため
皮膚が酸性に保たれ雑菌の繁殖を制御されニオイを抑えられます。
したがって、ミョウバンは汗を抑える作用(制汗作用)があると
いうわけです。
また、臭いの原因である汗の成分はアルカリ性であるため
酸性であるみょうばんと化学変化を起こし臭いの成分を中和して
消臭します。悪臭の原因の1つであるアンモニアはアルカリ性なので
ミョウバンと強く反応するためにとても効果的なのです。

ところで、単にミョウバンといった場合、
硫酸カリウムアルミニウム12水和物 AlK(SO4)2・12H2O を示すことが
多いようで、このほかにも鉄ミョウバン、アンモニウム鉄ミョウバンなどが
ありますが、カリミョウバンの無水物を特に焼きミョウバンと呼んでいます。
この焼きミョウバンは比較的安価に入手できるので、
水で水溶液を作って、肌などに利用している人も
多いようです。

試してみますか?

 


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0