酵素とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子

酵素(こうそ)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子です。
酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。

酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでの
あらゆる過程に関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせません。

したがって、酵素は生化学研究における一大分野であり、
早い段階から研究対象になっているのです。

多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質を基にして構成されています。
したがって、生体内での生成や分布の特性、熱や pH によって変性して
活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様です。

生体を機関に例えると、核酸塩基配列が表すゲノムが設計図に相当するのに対して、
生体内における酵素は組立て工具に相当する。酵素の特徴である
作用する物質(基質)をえり好みする性質(基質特異性)と目的の反応だけを
進行させる性質(反応選択性)などによって、生命維持に必要なさまざまな
化学変化を起こさせるのである。

古来から人類は発酵という形で酵素を利用してきた。
今日では、酵素の利用は食品製造だけにとどまらず、化学工業製品の製造や
日用品の機能向上など、広い分野に応用されている。医療においても、
酵素量を検査して診断したり、酵素作用を調節する治療薬を用いるなど、
酵素が深く関っています。



最近元気がない、食欲がない、体力が無くなってきたお父さんへ。

関連情報


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0