着物の種類と買取の相場

fuku-kizi2.jpg 着物の高価買取の相場についてまとめてみました。

着物には「染めの着物」と「織りの着物」があり、また「格」があります。

ここでは、代表的な7種類の着物を格や用途を目安として紹介します。
紋の種類や数、着物の柄や合わせる帯、小物などによっては例外もあります。

染め着物は糸を染めずに白糸の状態で反物にし、
後から色や柄を付けることから後染めの着物とも呼ばれ、
友禅染め、小紋染め、ちりめん、綸子、羽二重等があります。

一方、

織り着物は先染め着物とも呼ばれ、糸のうちに色を染めており上げる反物の事で、
有名なものに紬・御召・木綿絣などがありますが、大島紬や結城等が有名です。

このような着物の知識も買取に関係しています。着物の基礎知識として
知っておくといろいろと役に立つこともあります。


 

着物の種類

1.黒紋付[くろもんつき] 日本の心を表現する「最高の礼装」

  未既婚を問わない最高礼装
  華やかで格式の高い袋帯と合わせ、お祝いの気持ちを込めて慶事に
  黒の名古屋帯(黒共帯)で喪の意を表して弔事に

2.留袖[とめそで] 最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる

3.訪問着[ほうもんぎ] ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴

4.付け下げ[つけさげ] 柄がすべて上向きになっている

5.色無地[いろむじ] 一色無地の染めのきもの

6.小紋[こもん] おしゃれ着の代表格

7.紬[つむぎ] しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富




着物の買い取りならスピード買取.jp
 

着物の買取相場

着物は、流通過程の段階で大幅に利益を稼ぐ商売です。
そうしないと、柄遅れや汚れが発生してしまうからです。このため、
通常、着物の買取相場は、小売り価格からはかなり安いものになります。
着物の状態によっても買取相場は大きく影響されますが、
おおよそ、購入価格の1%から5%程度といわれています。
作家物やブランド物であれば、これ以上の値がつくこともあります。



着物買取のヤマトク
 

 

TOPPAGE  TOP