お歳暮のマナー:贈る時期と金額



お歳暮とは

1年の終わりを告げる季語で12月の季語にもなっているお歳暮。
この言葉を聞くと、1いよいよ1年が終わるといった感じの
文字通り年の暮れ。

一般には、暮れに世話になった人に対し感謝するなどの
歳暮周りと呼ばれる年中行事が行われることが多く、
この贈答品がお歳暮と呼ばれています。

お歳暮というと、ビールやお菓子などがイメージされますが、

もらってうれしいお歳暮ランキングというものもあって、

1 商品券・ギフト券
2 選べるカタログギフト
3 お菓子・デザート
4 お肉
5 ハム・ソーセージ

などが、お歳暮の上位に顔を出しているようです。
やはり、最近では、商品券・ギフト券、選べるカタログギフトなどが
人気ですね。自分で好きなもの、欲しい物を選べますから。

お歳暮の金額ですが、相場は、3000円から5000円といったところが
多いようです。

お付き合いの程度によるのでしょうが、
特に、お世話になった相手には1万円を超えることもあるようですね。


お歳暮の時期ですが、
もともとは、「事始めの日」というお正月をお祝いする
準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、
現在では11月末頃から贈られる方も多いとのこと。

そして、お歳暮のマナーとして1つ。

最近では、デパートなどから配送するケースが一般的になって
きていますが、贈り主から一言も挨拶がなかったら、ちょっと不安ですよね。

たとえ短くてもメッセージを添えるて、贈り主の気持ちを伝えましょう。

1年の締めくくり、お歳暮のマナーでした。

 

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お歳暮のマナー:贈る時期と金額

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/378

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0