ANAの株主優待券の使い方



ANAの株主優待券の使い方

株主優待券についてご存知でしょうか?

株主優待は、株式会社が一定数以上の自社の株式を
権利確定日に保有していた株主に与える優待制度の
ことです。

ここでは、ANAやJALの株主優待券の取得方法や使い方
などについて紹介したいと思います。

ANAやJALの株主優待券の発行基準日は
1年に2回ほどあります。
3月31日発行と9月30日発行の2回あり、
それぞれ、株主優待券は5月下旬と11月下旬に発送され、
その翌月から1年間が有効期間となります。

新規に株式を購入する場合は、発行基準日(3月31日・9月30日)
から起算して5営業日(権利付最終日)前までに証券会社にて
購入手続きを終了しないと権利が与えられませんので
ご注意ください。

ANAの株主優待券は所有している株式数に応じて
発行枚数も変わってきます。当然、多く所有して
いるほうが株主優待券も多くなるわけです。
具体的には次のようになります。

 所有株式数   株主優待券
1,000株~1,999株   1枚
2,000株~2,999株   2枚
3,000株~3,999株   3枚

(これ以上についてはANAのHPにて確認して
ください)


され、この株主優待券の魅力についてですが、
優待券1枚で、ANAの国内営業全路線片道一区間が
搭乗時片道(普通)運賃(小児の場合は小児運賃)より
50%割引で利用することができます。

ここで重要なことは、普通運賃より50%割引きという
ことで、特割や往復割引には適用できないことです。


したがって、航空券を予約するときには、普通運賃で
予約して、当日の発券の際に、空港カウンターにて
株主優待券を提示し、50%割引にて購入します。


いかがでしょうか?
一度、ANAやJALの株主になって、
株主優待券を楽しんでみたいですね。

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ANAの株主優待券の使い方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/380

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0