二日酔い予防薬(サプリ)にはこれがいい!

飲み会は好きだけど、次の日が心配‥

二日酔いを予防するドリンク、食べ物、薬、サプリメント(サプリ)、‥
いろいろと二日酔い対策グッズはありますが、効果はいかがですか?

そもそも二日酔いの原因は肝臓の代謝機能が飲んだアルコール量に追いついていないことなんです。
日本人のほとんどは、遺伝的に代謝に必要な酵素を持っていないから仕方ないのですが‥

なので、飲み会の前後に、肝臓の代謝機能を高める成分を取り入れることは大切!

でも、これまで、ウコンやしじみも試したけど、二日酔いの予防・解消には、いまいち‥

そんなときにおすすめの最終兵器、

必要な成分だけを凝縮しています。

クルクミン 30mg
オルニチン 200mg
コンブレイト 300mg(新開発の成分です)


トリプルパワーです。

飲む前、飲んだ後に、乾杯王!!

一度、お試しください。




ウコン、しじみに満足できない方への最終兵器!


酔い(二日酔い)のメカニズム、原因について

なぜ、人はお酒を飲むと酔っ払うのか?
なぜ、翌日になってまで二日酔いというものに苦しむことになるのか?

二日酔いのメカニズムを基本知識として知っておくことは
二日酔いの症状を抑えるための効果的な方法を探ることにも繋がるため
とても大切なことです。

お酒と一口に言っても、ビール、日本酒、焼酎、ウィスキー、ワインなどいろいろと
種類がありますが、アルコールの種類でなんであれ、これらを飲むと、あなたの胃で 20%が吸収され、残りの80%が小腸で吸収されます。

そして、すぐに血管に入って、あなたの全身をめぐっていきます。
このようにアルコールがあなたの全身をめぐりはじめると、気分が高揚したり
ふらふらしたり、呂律がまわらなくなったりという、「酔い」の症状を引き起こします。

身体に流れこんだアルコールに対して、体内では、分解したり、体外に排出したりという
代謝を肝臓で行います。

肝臓は、運ばれてきたアルコールを、アルコール脱水酵素によりアセトアルデヒドという毒性を
もった物質に分解します。
実は、このアルデヒドが頭痛、吐き気、めまいなどの二日酔い症状の元凶になっているのです。

このアルデヒドは酵素により酢酸に変わり、肝臓をでたあとに、筋肉や脂肪組織で
水と二酸化炭素に変わることになります。

しかしながら、この一連の分解(アルコール→アセトアルデヒド→水+二酸化炭素)にはかなりの
時間がかかります。

にもかかわらず、体内にどんどんアルコールが流れ込んでくると、肝臓での代謝が間に合わないため
アルデヒドが蓄積されていきます。

寝ている間も、肝臓による代謝は行われますが、あまりに大量のアルコールが体内へ流れ込んだ
場合には、翌日になってもアセトアルデヒドが残り、このために、二日酔いの症状となるのです。

ちなみに、お酒が強いか弱いかは、その人がもつアセトアルデヒド脱水酵素の遺伝子構造によって
決定されます。

この遺伝子構造には3種類のタイプがあります。

(1)ggタイプ:アセトアルデヒドの代謝に優れた酵素
(2)aaタイプ:アセトアルデヒドの代謝能力をもたない酵素
(3)agタイプ:両者を併せ持った酵素

したがって、aaタイプの人は、ちょっとのお酒で二日酔いになってしまうわけです。

人種別にみると、白人、黒人は、ggタイプ、一方、日本人をはじめとしたモンゴロイドは
58%の人がaaタイプが58%、agタイプが45%、つまり、基本的に、お酒に弱いと
いうことになります。
一度、お酒を飲めば、自分がどのタイプかはおおまかにわかるはずです。

よって、

二日酔いの症状を抑えるための効果的な方法は次のようになりますが、
一番の方法は、ほどほどに飲むことです。度を過ぎた飲酒はいけません。

(1)アルコールの代謝で消費された、水分とエネルギーを補給する。
(2)肝臓の代謝機能を高める成分を身体に取り入れる。
(3)尿、汗、呼気などによって体外にアルコールを排出する。



なぜ、乾杯王が選ばれるのか? 二日酔い予防薬には飲む前に、このサプリ!

それは翌朝の違いを実感しているから。
安心して飲み会を楽しめると絶賛!!

本当に必要な成分だけを凝縮しました。

クルクミン 30mg
オルニチン 200mg
コンブレイト 300mg(新開発の成分です)

トリプルパワーです。





日頃からできる二日酔いの予防方法

お酒の弱い人でも、日常生活からできる二日酔いの予防方法があります。
お酒の弱い人、飲み会の翌朝がつらい人は、是非、一度、試してみてください。

1.飲酒の前に肝機能を活性化させる食べ物やサプリの摂取

胆汁(たんじゅう)は消化吸収にとても重要で、消化酵素の働きを助けます。
実は、ウコンやタウリンはこの胆汁の分泌を盛んにしてアルコールの分解を
促進するといわれていますので、お酒を飲む前に、ウコンの粉末やサプリメント、
また、タウリンを含有する栄養ドリンクを摂ることが二日酔いの予防に役立ちます。
また、牛乳などにも同様に肝機能を高める作用があるので、飲酒前に飲むと
二日酔いの予防に有効です。

2.ビタミンCが豊富なおつまみを食べる

実は、ビタミンCには二日酔いを防ぐ作用があるので、ビタミンCが豊富に含まれる
枝豆やじゃがいもなどをお酒と一緒に食べることが大切です。
また、お酒は胃腸の粘膜を傷つけることがあるので、おくらや長いもに含まれる
ムチンで胃腸の粘膜を保護することも有効です。
さらに、肝機能を強化するしじみやゴマ、アセトアルデヒドの分解を促進する梅なども
二日酔いの予防に有効とされています。
ちなみに、ビタミンCを多く含む果物としては、
アセロラ、グァバ、レモン、柿、キーウイフルーツがあります。

3.飲酒時には水分も補給する

お酒を飲むときには、十分に水分を補給することも重要です。
これは、アルコールを肝臓の中で代謝するときには水が必要だからです。
脱水症状などが原因で二日酔いの頭痛にも繋がりるので、水分補給には
注意してください。ただし、水分だけを補給しても尿として排泄されるため、
塩分と一緒に補給して、水分が体に保持されるようにしましょう。

4.お腹に暖めて肝機能高める

肝臓の辺りを温めると肝機能が高まり、二日酔い予防に役立つといわれています。
特に、冬場のお酒の飲み会では、飲んでいる間、そして、帰宅するまで間に
肝臓を温めるために、お腹に使い捨てカイロを貼っておくのも効果的です。

5.過度の飲酒をしない

自分の体のことは自分が一番良く知っているはずです。なので、一番大事なことは
過度の飲酒をしない、つまり、自分の適量を知り、適量を心がけて飲むが、
二日酔いの最も肝要な予防法といえます。



「乾杯王」はこんな方にオススメ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     「乾杯王」はこんな方にオススメ!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

□ 翌朝がつらい

□ お酒を飲む機会が多い

□ 飲み会が好き

□ ウコンでは満足できない

□ 2次会まで楽しみたい

□ 明日を気にせず飲みたい


飲み会前に「乾杯王」を飲んだ人が実感!
飲み会が好きな方々にたいへん喜ばれています!
速攻スッキリ! 翌朝スッキリ!

「乾杯王」今だけの特別価格キャンペーン実施中!



翌朝がつらい方のために乾杯王!定期コースなら40%OFFで送料無料!

関連記事


TOPPAGE  TOP