フリーダイヤルとは

フリーダイヤルとはどういうサービスなのか、種類や番号の違い、
料金や通話料、取得の方法などについてまとめています。

誰しも一度は、フリーダイヤルを使ったことがありますよね。
メーカーへの苦情や問合せ、ANA・JALなどの飛行機の予約などに安いというか
料金がからないフリーダイヤル通話を利用したことがあると思います。

そもそも、フリーダイヤル(Free Dial)とは、特定の電話番号にかけることにより、
通話料を着信側が全て負担(着信課金)する、通話サービスで、
現在は、NTTコミュニケーションズが提供しています。

なので、

「フリーダイヤル」は、NTTコミュニケーションズの登録商標なのです。
英語ではtoll-free number、Freephone、Freecall、
800 number(1-800 number)などと呼ばれています。

このフリーダイヤルは、日本電信電話(NTT)が1985年12月3日に開始し、
その後、NTTコミュニケーションズが1999年7月1日にサービスを引き継いでいます。

みなさんもご存知のように、このフリーダイヤルには、
「0120」で始まる10桁の電話番号が割り当てられていましたが、

利用率(使用率)が伸びたために、世界的に採用されている
「0800」で始まる11桁の電話番号が追加で割り当てられました。

この後に、NTT以外の、新電電も同様の着信課金サービスを開始しています。

当初は事業者を識別するために「0070」「0077」「0088」などで
始まる番号を使用していましたが、後に、「0120」で始まる番号が新電電にも
割り振られています。

現在では、一般に、NTTおよび新電電各社のサービスを総称して
「フリーダイヤル」と呼ばれています。



格安フリーコール0120電話サービス【ネオ・フリーコール】


 

フリーダイヤルの種類(各社の違いなど)

NTT以外のフリーダイヤルについてまとめています。

・KDDI → フリーコールDX、フリーコールS
    (主に、「0077」から始まる番号)

・ソフトバンク → フリーコールスーパー
        (ただし、「0088」から始まる番号については、新規受付を終了)

・ソフトバンクモバイル → 詳細不明
・NTT東日本・西日本 → フリーアクセス

・NTTドコモ → フリーナンバー NTTドコモの携帯電話

・楽天コミュニケーションズ → フリーボイス、フリーボイス シンプル、フリーボイス ライト
・平成電電(ソフトバンクテレコムに事業譲渡) → フリーチョッカ
・メディア → フリーナンバー(詳細不明)
・UCOM → フリーボイス(詳細不明)


 

フリーダイヤルの番号

NTTコミュニケーションズが提供するフリーダイヤルの番号は0120の次が9以外の数字です。
(ただし、0120-950xxxは、フリーダイヤル・インテリジェントサービス等の特殊用途専用として
割り当てられるフリーダイヤル番号)。

NTT以外の他社のサービスでは、
電話会社の識別番号(0070・0077・0088等)で始まる長いものか、
0120-9xx-yyy・0800-xxx-yyyyで、xの部分が事業者ごとに割り当てられています。

 

フリーダイヤルのロゴについて

フリーダイヤルのロゴマークは一目で「通話無料」とわかるアピール効果で、
フリーダイヤルの圧倒的な認知率を支えています。
誰でも知っている安心感、信頼感がそのままご契約者様への信頼感につながりますので、
名刺や封筒、ホームページや広告などにフリーダイヤル番号と一緒にご利用ください。

こちらからダウンロードできます。
https://www.ntt.com/freedial/data/download.html

 

フリーダイヤルの番号を契約・取得する方法

1.NTT-----「フリーダイヤル」
フリーダイヤルはNTTコミュニケーションズが扱っています。
申し込みは以下に。パソコンで検索すると普通に出て来ますけど。
http://www.ntt.com/freedial/
0120-260260〈9:00-17:00 平日

フリーダイヤルは既存の固定電話があることが条件です。
フリーダイヤルを取得するために、通常は別の電話回線の契約の必要は
ありませんが、貴方のように転送が絡むと、必要な場合があり以下に
書いておきます。
個人法人どちらでも契約できます。契約時に身分証の提出が必要。

個人経営の方ですと、コストを安くしたい、安い料金で利用したいと思いますが
その場合には、以下の電話会社がおすすめです。

2.KDDI-----「フリーコール」
3.FUSION--「フリーボイス」

 

フリーダイヤルは公衆電話からでのかけられます

緑の公衆電話では10円またはテレカが必要ですが、
灰色の公衆電話では受話器を上げるだけでお金やカードは必要ありません。
緑と同じで、無料でフリーダイアルを利用できます。


格安フリーコール0120電話サービス【ネオ・フリーコール】

 

TOPPAGE  TOP