子供の便秘の治し方:関連する本の紹介

腸育をはじめよう! 子どもの便秘を放置したらダメ!

「腸」のスペシャリストが教える、親子ではじめる「排便力」の身につけ方。
親も子どもも一緒に、お腹丈夫で元気になろう!

約4割もの子どもが悩んでいるという「便秘」。

「いつか出るでしょ」「薬を飲めば治るでしょ」と放置していると、
取り返しのつかないことに!

「第2の脳」とも呼ばれる「腸」の健康は、子どもの成長にとってとても大切。
そして、便秘の子どもの親の多くが「便秘」という現実も。

さあ、親子で一緒に便秘を治しましょう。

排便は「腸」と「脳」の連携プレー!
だから、「腸」が元気になると、「脳」も元気になる!


著者について
松生 恒夫(まついけつねお)
1980年東京慈恵会医科大学卒業。85年同大学第三病院内科助手となる。
松島病院大腸肛門病センター診療部長を経て、2004年東京都立川市に
松生クリニックを開業。大腸内視鏡検査や炎症性腸疾患などを専門とする。
日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医。

『腸内リセット健康法』『大腸の健康法-病気にならない「リラックス腸」
をつくる』『ポップ・ヒーリーング・ミュージック』『名医と治す漢方事典』
『腸内リセット健康法』『お医者さんが成功した! 玉ねぎダイエット 決定版』
など著書・監修書多数。


下痢・便秘の子どもの食事 (食事でなおす子どもの病気シリーズ)

下痢と便秘は、子どもの日常生活でもっともよくみられる症状の一つです。
この本では、下痢や便秘のときに、どのように献立を立て、
どのように調理したらよいかを、理論と実際でお示ししました。

そして、今日すぐにも応用できるように、年齢別、段階別にメニューを作ってみました。
By 小林 昭夫, 玉田 富子, 高田 令子



便秘の治し方:関連情報



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0