デリケートゾーンの臭いが気になる、対策は?

デリケートゾーンについて、ニオイがする、
違和感がある、黒ずみが気になる、あるいは病気かもしれないなど
このようなお悩みを抱えているなら‥
いま貴方がおこなっているケアを見直したほうがよいかもしれません。

最近は、デリケートゾーンのケア、におい、かゆみ、かぶれなどの原因について
詳しく解説されたHPや匂い消し、におい対策の市販石鹸やグッズも紹介されていますが、‥

このようなケアをしていたら要注意!!

・ボディーソープで洗う
・スポンジで念入りに洗う
・専用の洗浄剤で洗う
・ビデで毎回洗う
・膣洗浄している

汚れが溜まりやすいデリケートゾーンを
清潔に保つことは、もちろん大事です。

でも実は

洗うことが、その悩みをひどくしているとしたら‥

デリケートゾーンはなぜ臭うのでしょうか?

原因 老廃物の繁殖

デリケートゾーンは分泌物が多く、汚れや古い角質がたまりやすい構造になっています。
これらの老廃物が、デリケートゾーンのイヤなニオイになるのです。

誤解 「洗えば老廃物はとれる」は誤解?

「それなら老廃物をとるために殺菌成分の入った洗浄剤で念入りに洗えばいいのでは?」
  そう思われている方も多いかもしれませんが、実はそれが大きな誤解なのです。



デリケートゾーン用保湿美容液ソープ
アンボーテ



デリケートゾーンと老廃物の関係

健康なデリケートゾーンは、肌の「潤いバリア」で
むすばれており、老廃物や刺激から肌を守ってくれています。

デリケートゾーンの皮膚は非常に薄くて脆いので、
洗浄剤など強い成分で洗ったり、スポンジで洗いすぎてしまうと、
老廃物と一緒に「潤い」まで奪われてしまいます。

潤いバリアがなくなり、さらに乾燥が進んでしまうと
バリアの保護を失った皮膚は、汚れや古い角質などの老廃物が蓄積し放題に。

一度乾燥してしまった肌は、自力では水分を作り出せません。
潤いのある健全な状態を守るためには、外から潤いを補充してあげなければなりません。

デリケートゾーンはまぶたよりも皮膚が薄く、
ちょっとした刺激でも荒れてしまう原因になるため、顔やボディ用のスキンケア用品はNGです。
さらに皮膚吸収もしやすい場所なので、できるだけ由来や品質のはっきりした成分を使いたいですよね。




デリケートゾーン用保湿美容液ソープ
アンボーテ


対策と効果的な使い方

(1)
アンボーテ フェミニーナウォッシュを濡れた手に2~3プッシュ。
手で泡立てて、デリケートゾーンを前から後ろへ、指で撫でるようにして洗います。
ベビーシャンプーと同じマイルドな洗浄成分を使っているので、泡立ちやすく、
刺激に弱いデリケートゾーンでもしみずに使えます。

(2)
ニオイが気になる足の裏や脇なども、その原因は乾燥による老廃物。
これらの場所にももちろんアンボーテ フェミニーナウォッシュは使用可能。
デリケートゾーンの後、気になる部分も同じように泡でやさしく洗ってください。。

(3)
オーガニックの美容成分たっぷりのソープだから、ボディソープとして全身に使えば、
360°完璧なつるすべボディに。しっとりと潤った柔らかな肌、漂うシトラス&ローズの香り……。
愛されるカラダの完成です。

(4)
ケアは毎日続けることが大事。デリケートゾーン用ソープとわからないよう、
こだわり抜いたデザインですので、バスルームに置いて毎日使ってください。
また1ヶ月使い切りサイズなので、旅行バッグにもそのままinできます。お出かけの際もぜひ忘れずに。



デリケートゾーン用保湿美容液ソープ
アンボーテ

関連記事


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0