B787に懸けるANAの野望

B787に懸けるANAの野望
By 杉浦一機

 

内容紹介
次世代機の導入や羽田国際化で見えてくる、ANAの勝ち残り戦略とは!?

本拠地である羽田空港の国際化が実現し、また、世界に先がけて発注した最新鋭機ボーイング787「ドリームライナー」の就航も近いANA(全日空)。
この新しい切り札をANAはどのように活かし、どこまで飛躍できるのか?
海外格安航空(LCC)の日本上陸や、国際線進出へと本格的な追い上げを見せ始めたスカイマークなど、国内新規社の動向などもふまえ、日本の「空」とANAの今後を追う。

内容(「BOOK」データベースより)
国際・国内・貨物、3事業の将来構想に迫る!厳しさを増す事業環境のなか、次世代機の導入や羽田国際化で見えてくるANAの勝ち残り戦略とは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
杉浦/一機
1947年生まれ、世界のエアラインの運航体制・サービス・経営、空港、旅客機の機体についての造詣が深い、参議院運輸委員会調査室客員調査員、経産省産業構造審議会臨時委員、福岡空港調査委員会委員などを歴任。現在、首都大学東京客員教授。東京都や静岡県の航空関連委員会委員なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

B787に懸けるANAの野望

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: B787に懸けるANAの野望

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/597

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP